FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつものホテルに入ると、私はホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットにしまってから私に命じられた通り
全裸になって首輪を嵌めてベッドの上の私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

彼女を仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドバイブで責めて連続で絶頂に追い上げました。

今後は彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させる姿勢を取らせ
ディルドしゃもじのスパンキングで何度も昇天させました。

次に、アキノさんに後背位、正常位で挿入し何度も逝かせてから
綿紐を解きギャグボールを外して対面騎乗位と背面騎乗位で
何度も逝かせました。


アキノさんは背面騎乗位で膣奥のGスポットとポルチオを抉られ
しゃもじスパンキングで爛れた臀肉を平手打ちされて
苦痛と快楽で括約筋を強烈に収縮させて絶頂に達しました。

その締め上げと泡立ち溢れた牝蜜の潤滑油で私の肉塊も
興奮の頂点が近づいているのを感じました。

「おい、まだ私が終わってねぇぞ…」
エクスタシーに達して失神に近い状態のアキノさんのお尻を
平手で再びピシャリと叩いて覚醒させました。

「あううっ…はい、申し訳ございません、ご主人様、ハァハァ」
アキノさんは荒く乱れた呼吸を整えながらそう答えると
ヨロヨロと身体を起こしました。

「ボケッとしてないでしゃぶれ」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…ううう…」
アキノさんはペニスを膣から抜くと身体を反転させてうずくまり
「ご主人様、失礼したします。オチ○チン、いただきます」
と言って股間に顔を寄せて肉竿を口に含みました。

「ホラ、気を抜かずにちゃんとしゃぶれ」
快楽と疲労とで力の入らないアキノさんの後頭部を叩いて
厳しく促すと…
「ううっ…はい、申し訳ございません、ご主人様…」
と申し訳なさそうに答えて、舌を差し出して裏筋を舐め上げ
ゆっくりと亀頭を口に含んで粘膜に舌を絡めて刺激しました。

「おう…そうだ…顔を動かしながら舌を使ってみろ…」
「んふっ…ふぁい(はい)…んふっ…んふんっ…んんっ…」
アキノさんは私の教えた通りに大量の唾液を口に分泌させて
ネットリと舌を絡めるように口の中で動かしながら、
顔を上下運動させてディープスロートを続けました。

私はその生暖かい快感に自らの興奮が高まるのを感じました。

「おお…いいぞ…そのまま続けろ…そのままだ…」
「んふっ…ふぁい(はい)…んふんっ…んんんっ…」
アキノさんは私を上目遣いに見上げながらリズミカルに顔を
上下運動させつつ、更に舌を蠢かせて肉茎全体を刺激しました。

「おおっ!おううっ!逝くぞっ!おおっ!逝くっ!」
私は欲望の頂点に達すると、その欲望を彼女の口内で爆発させ
熱い白濁した粘液を大量に放出しました。

「ううっ!ぐふっ!うぐうっ!むぐうっ!」
アキノさんは私の生臭い牡粘液を苦悶の呻き声を上げながら
必至に耐えて受け止めていました。
そして、すべて放出し終えた液を喉を鳴らして嚥下したのです。

「ハァハァ…ご主人様の精液、美味しかったです。
 ご主人様、ありがとうございました。ご馳走様でした…」
アキノさんは恍惚の表情を浮かべて私を見上げながら
甘い口調で嬉しそうに微笑んでそう答えました。

「よし。じゃあ最後は掃除しろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様。失礼いたします…」
アキノさんは再び私の股間に顔を寄せると、彼女の雌蜜と唾液と
私の精液とでベットリになった私の肉茎と周辺の陰毛、
そして股間から肛門にかけて付着した粘液を、舌を伸ばして
丁寧に舐め取っていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3695-76f7e361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。