FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつもの駅で待ち合わせるとホテルに向かいました。
部屋に入ると私は部屋着に着替えて部屋の奥のソファに座り
持参した調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまいました。
そして、私に命じられて服を脱いで全裸になると
彼女が持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

私は彼女に胡坐で座るように命じると、彼女の両手首を重ねて
綿紐で縛ってから、その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて
手足が動かないように固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

「ううう~…、むうう~…、くうう~…」
アキノさんは口を閉じられない苦しさと視覚を失った不安とで
呻き声を上げながらキョロキョロと顔を振って私の様子を
うかがっていました。

「ホラ、寝ろ!」
私はそう言ってアキノさんの額を足で強く押すと、
彼女は達磨のように仰向けになって転がりました。

「うううっ…」
突然の衝撃に驚いたようにアキノさんは声を上げながら
ゴロリと仰向けになりました。
そして手首と足首を固定されて胡坐状態で脚を開かされて
彼女の秘所は隠すことが出来ないまま晒け出されて
秘密の花の蜜の香りを放っていました。

私は最初に乗馬鞭を取り出すと、アキノさんの無防備に
晒け出された臀部をピシャリと叩きました。

「はううっ!」
アキノさんは突然襲ってきたの衝撃に驚きの声を上げて
身体を強張らせて耐えている様子でした。

「ホラ、久しぶりに打ちを食らって嬉しいだろうが…」
私はそう言いながら乗馬鞭を繰り返し軽く振りながら
アキノさんの臀肉を繰り返し叩き続けました。
乗馬鞭がしなって空を切るヒュン、ヒュンという音に続いて
皮膚が弾けるピシャッ、ピシャッという音が合わさって響き
そこにアキノさんの悲鳴が混ざり合って響きました。

「ああーっ!ああっ!あおっ!あがあっ!ああーっ!」
アキノさんは叩かれるたびに悲鳴を上げながら縛られた手足を動かし
必至に与えられる苦痛に耐え続けている様子でした。

私が容赦なく乗馬鞭で叩き続けると、彼女の白くてきめ細やかな
お尻の皮膚は見る見る充血して紅潮して熱を帯びていき、
腫れ上がって爛れていく様子でした。

「あがあっ!あおおっ!おううっ!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは指を毛虫のように蠢かせながら叫び声を上げ続け
必死に与えられる強烈な苦痛刺激に耐え続けていました。

「いいぞ、もっといい声で泣いてみろ…」
私は独り言のように言いながら乗馬鞭を振るう手に力を込め
更に強く彼女の臀丘を叩き続けました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3722-dc065d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック