FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつもの駅で待ち合わせるとホテルに向かいました。
部屋に入ると私は部屋着に着替えて部屋の奥のソファに座り
持参した調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまいました。
そして、私に命じられて服を脱いで全裸になると
彼女が持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

私は彼女に胡坐で座るように命じると、彼女の両手首を重ねて
綿紐で縛ってから、その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて
手足が動かないように固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

私は次に乗馬鞭を取り出すとアキノさんの無防備に曝け出された
臀部を繰り返し叩きました。

「ひいいっ!あがあっ!あおおっ!あぐうっ!おおうっ!」
アキノさんは叩かれるたびに悲鳴を上げ、指を蠢かし身体をくねらせ
与えられる衝撃的な苦痛に必死に耐えている様子でした。

乗馬鞭がビュンッ、ビュンッと音がするたびに彼女の臀部に
ビシィッ、パシィッという乾いた皮膚の弾ける音が響き渡り、
その音に合わせるようにアキノさんの悲鳴が上がりました。

「相変わらずうるせぇな…」
私は厳しい口調でそう言って更に強く乗馬鞭を振るいました。

その激しい打ちに、彼女の赤く腫れた臀肉は
紫色に変色して爛れいきました。

「ぐうっ…ううっ…うぐっ…くうっ…」
アキノさんは私に叱られたと思い、また、先日の広島旅行での
「奴隷には声を我慢させる」という友人の言葉を思い出し
今度は必至に声を押し殺そうとしました。

私はアキノさんが必死に声を押し殺して我慢している様子を見て
今度は乗馬鞭を彼女の弱い粘膜に飛ばしました。

「はううっ!ううっ!うううっ!」
無防備に曝け出された肉襞に乗馬鞭が炸裂するたびに
アキノさんは押し殺した呻き声を上げて苦痛に耐えていました。

「ぐぐぐっ…くううっ…くふうっ…」
アキノさんは必至に声を押し殺しながら拳を強く握りしめ
身体を丸めて硬直させながら痛みに必死に耐え続けていました。

(フフフ…いいぞ、もっと苦しめ…)
私は心の中でそう思いながら、更に乗馬鞭を振り続けました。

アキノさんが声を押し殺すほど、乗馬鞭の空気を斬る音と
彼女の皮膚が引き裂かれる音が大きな音となって際立ち、
部屋中に響き渡りました。

その苦痛に耐えることで彼女のマゾヒスティックな興奮が高まり
秘襞の裂口から雌粘液が溢れ出て、特有の甘い芳香を放ちました。

私はその匂いを嗅ぐと、彼女が叩かれることで興奮していると認識し
更に自らのサディスティックな興奮が高揚するのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3723-961d2391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック