FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら
粘膜を刺激しました。

私はディルドで彼女の花弁や蕾芽を圧迫刺激し続けながら
乗馬鞭で傷付き爛れた彼女の臀部を叩き続けました。

「あおおッ!あがあっ!うぐうっ!おおっ!あおおッ!」
アキノさんは強烈な苦痛刺激に絶叫を上げ続けながら
身体を硬直させ、小刻みに震えながら耐え続けていました。

「よしよし、よく耐えたな。じゃあそろそろご褒美だ」
私はそう言うとアキノさんのベットリと粘液の溢れた
膣口の中へディルドを埋め込んでいきました。

「おお~…おうう~…あおおお~…」
アキノさん背筋に電流が走ったようにビクビクと仰け反り
腰をくねらせて心待にしていたシリコン肉棒の侵入に
歓喜の声を上げました。

「フフン、気持ちいいか、あん?」
私はそう言いつつ擬似肉茎ゆっくりと前後律動させました。

「おううっ、おうっ、あううっ、あおうっ」
アキノさんは押し広げられた膣粘膜への擦れる感触に
歓喜の声を上げながら何度も頷きました。

「フフン、そうか気持ちいいか、この淫乱女」
私はアキノさん貶めるように言うとディルドを回転運動させ
擬似カリがGスポットを抉るように動かしました。

「おっ!おおっ!おううっ!あおおおっ!」
アキノさんは弱点を激しく責められて堪らず背中を丸めて
身体をブルブルと痙攣させながら叫び声を上げました。

「ホラ、もっと喜んでみろ」
私はそう言いながらディルドを回転運動させつつ、
彼女の最も身体の奥にあるポルチオに先端を押し当てました。

「ひいいっ!あがっ!あごおっ!」
アキノさんは口から泡を吹きながら絶叫して身体を痙攣させ
一気に快楽の頂点へ登り詰めて行く様子でした。

「ホラ、逝きそうなんだろう。逝っていいぞ、淫乱女」
私はそう言いながら更にディルドの回転運動と前後律動を
強めていきました。

「はぐううっ!ひぎはぐっ(逝きますっ)!おおっ!おおっ!
ひぐうっ(逝くうっ)!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは野獣のような咆哮を上げながら口から泡を吹き
全身をビクビクと硬直させ、括約筋を収縮させながら
秘肉を蠢かして一気に昇天して果てたのです。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3727-64774dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック