FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

「フン、逝ったらしいな…」
私がアキノさんにそう声を掛けましたが、アキノさんは
「ハァハァ」と激しく呼吸しながら呆然としたままで
答えは返ってきませんでした。

「オラッ、逝ったのかって訊いてるんだよ」
私がそう言いながらアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩くと
「ひいいっ!おうっ!おううっ!」
と意識を取り戻したように叫び声を上げて頷きました。

「フン、訊かれたことにはちゃんと答えろ」
私がそう言いながら臀部裂けた傷口や青い痣を
乗馬鞭の先端でぐりぐり1と抉りながら諭すと…
「おうう~…むうう~…ふぁい(はい)…」
とアキノさんは涙混じりの声で力無く答えました。

「フン、淫乱マゾ女はもっと逝きたいんだろ?」
私はそう言うと再びディルドを回転運動させながら
前後律動で彼女の体内の奥深くを責め始めました。

「おうっ!おおっ!あがあっ!あごおっ!」
アキノさんは再び口から泡を吹きながら身体を震わせて
身体の芯から湧き起こる快楽に浸っていきました。

「ホラ、もっと悦べ、この変態マゾ女!」
私はそう言いながらディルドの運動に合わせるように
乗馬鞭を降り下ろしてアキノさん臀部叩きました。

ピシャッという強烈な打撃音と共にアキノさんの臀部に
再び苦痛刺激が襲いかかりました。

「ぎゃあっ!あがあっ!あがががあっ!」
アキノさんは悲鳴に近い絶叫を上げて苦痛から逃げようと
必死に身を捩らせました。

そんな彼女の抵抗も虚しく、私は容赦なく乗馬鞭を振り、
アキノさん傷付き爛れた皮膚に痛みを与え続けました。

「ぎゃあっ!ひいっ!あううっ!ああーっ!」
アキノさんはただ泣き叫びながら与えられる痛みに
ただひたすらに耐え続けていました。

「ホラ、もっと悦べよっ」
私はそう言いながらディルドの運動を早め甘美な快楽を
膣粘膜から与え続けました。

「おうっ!いいっ!あおおっ!ひもひいい(気持ちいい)!」
アキノさんは快楽刺激に歓喜の声を上げながら括約筋を絞め
更に奥に擬似肉茎を迎え入れて快楽を貪ろうとしていました。

「ホラ、変態の淫乱マゾ女!もっと悦べっ!」
私はそう言いながらディルドの運動に合わせるように
乗馬鞭での苦痛刺激を与え続けました。

まさに「飴と鞭」快楽と苦痛の同時刺激を受けて
アキノさんは再び快楽の頂点に昇り詰めていきました。

「おううーっ!ひぐうっ(逝くうっ)!おうっ!おおーっ!」
アキノさんは再びエクスタシーが近づいてくるのを感じると
そう叫びながら鞭の痛みとディルドの快楽を求めるように
自ら腰を振って更に強い刺激を求めました。

「なんだ?マ○コを掘られてケツ叩かれて悦んでるな。
変態の淫乱マゾ女はもっと叩かれたいってか?」
私が嘲るようにアキノさん言うと

「あおおッ!ふぁい、ほっほふははい(はい、もっと下さい)
おおおっ!ほっほいひへへふははい(もっと虐めて下さい)」
と甘えるように更に強い刺激を求めてきました。

「そうか、じゃあ、もっとだ。オラッ、オラッ!」
「ぎゃあっ!ひいいっ!ひぐうっ(逝くうっ)!おおおーっ!」
アキノさんは断末魔の叫び声を上げると全身を硬直させ、
ビクビクろ括約筋を痙攣させながら絶頂に達しました。

そして激しい快楽を迎えた後、力尽きてベッドに崩れ落ち
意識を失ったように動かなくなりました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3728-750dd759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック