FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭で彼女の秘所に熱攻撃を加えました。

「うううっ…むぐうっ…くふうっ…」
アキノさんは私に叱られて声を上げることも出来ずに
ポタポタと熱い蝋が垂れ落ちるたびに圧し殺して呻き、
必死に熱刺激に耐え続けていました。

私はそれでも容赦することなく、アキノさんの粘膜に
更に熱い蝋がを垂らし続けました。

アキノさんは蝋が垂れ落ち熱を感じるとたびに
身体をビクッ、ビクッと硬直させて耐えていました。

「チッ、ちょっと垂らしづらいな…」
彼女を屈曲姿勢にしていると彼女の秘所の真上に足首があり
上から蝋燭を垂らすのに邪魔な態勢になっていました。

そこで私は彼女を戒めていた綿紐を解き、
両足をM字に開脚させる態勢を取らせました。

そして、彼女の手を膝の裏側に持っていき
「自分で押さえてろ。離すんじゃないぞ」
と強い口調で命じました。

「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
アキノさんは蝋燭の恐怖と苦悶と、秘所を晒した状態を
自ら保たなければならない羞恥心と屈辱感で
悲しそうな声で答えました。

そして、私は完全に無防備になった彼女の秘部めがけて
再び蝋燭を垂らし始めました。

「おうっ!くうっ!あううっ!おううっ!」
アキノさんは圧し殺した苦悶の呻き声を上げながら
顔を仰け反らせ左右に振り、必死に粘膜の熱刺激に
耐え続けていました。

「オラッ、手元が狂うから動くんじゃない」
私が再び厳しい口調で叱りつけると…
「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
と涙混じりの声で彼女は力無く答えました。

そして彼女は健気にも、私に命じられた通り膝を押さえて
両脚が閉じて秘部が隠れないよう態勢を保って
蝋燭の攻撃を受け入れやすいようにしていました。

私は彼女の従順な態度にサディスティックな満足感を得つつ
彼女に更に大量の蝋燭を垂らしていきました。

「あうっ!おうっ!あぐっ!うぐうっ!」
アキノさんは小刻みに身体を震わせながら
蝋燭が垂れ落ちるたびに小さな悲鳴を上げつつ
必死に秘所を自ら晒け出して耐えていました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3730-a9ff41a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック