FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭で彼女の秘所に熱攻撃を加えました。

「あうっ!おうっ!あぐっ!うぐうっ!」
アキノさんは蝋燭が垂れ落ちるたびにビクッ、ビクッと
小刻みに身体を震わせながら押し殺した苦悶の声を上げながら
与えられる灼熱の苦しみに耐え続けていました。

「フフフ…もっと刺激的なコトをしてやろう…」
私はそう言うとアキノさんの最も敏感な肉豆を保護している
包皮を剥いて充血した核芯を露出させました。
そして、その敏感な核芯に熱で溶解した蝋を垂らしました。

「ぎゃああっ!」
アキノさんは強烈な熱を最も敏感な受容器で感受すると
耐え切れずに絶叫を上げました。
そして足をバタつかせながら全身を痙攣させるように
ビクッ、ビクッと震わせました。

「フン、相変わらずウルセェな…」
私はアキノさんの爛れたお尻をピシャリと平手打ちして
叱りつけると…
「ひいいっ!うっ…ううう…くうう…くふうう…」
と彼女は叩かれた驚きと痛みへの悲鳴を上げてから、
堪えきれずに嗚咽を漏らしました。

「ホラ、もっと喜べよ、この変態マゾ女、あん?」
私はそう言いながら更にポタポタとクリトリスを目がけて
融けた蝋を垂らしていきました。

「ひっ!ひいいっ!ううっ!うぐうっ!ぐううっ!」
アキノさんは必至に悲鳴を押し殺しながら熱に耐え
嗚咽の声を漏らし続けました。

「ホラ、どうなんだ?嬉しいんだろうが…」
私は意地悪く訊ねながらアキノさんの爛れた臀肉を掴み
打撃による裂傷部分へ痛みを与えました。

「おうっ!おううっ!おおうっ」
アキノさんは泣き声を上げながら何度も強く頷き、
苦痛を受けたことによる歓喜の反応を私に示しました。

「フフフ…、そうか、嬉しいか。それならいいぞ…」
私は満足気に笑いながらそう言って、
彼女が必死に苦痛に耐え続ける苦悶の姿を見ながら
更に彼女の淫核へ蝋を垂らし続けました。

「ぐうっ!ひいっ!あううっ!おううっ!」
アキノさんは言葉にならない声を上げ続けながら
恐怖と苦悶とで身体を痙攣させながら震わせていました。

私はアキノさんのその姿を見つめながら、自分自身の中にある
サディスティックな興奮が高まるのを感じていました

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3731-7baa4f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック