FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭を彼女の秘所に大量に垂らし、
蝋で彼女の秘所の型を取りました。
そして、蝋の熱刺激で大量の愛液を分泌させたヴァギナに
バイブを押し込んで昇天させました。

「ホラ、まだ終わってねぇぞっ!」
私はそう言ってアキノさんの爛れた臀部平手で叩きました。

「ひいいっ!ううう…むうう…ハァハァ…」
アキノさんは絶頂に達して呆然としていましたが
再び弱まった臀部への苦痛刺激を受けて正気を取り戻し
再び呼吸を整えるように激しく息を続けました。

「ホラ、じゃあもっと強い刺激をやるよ」
私はバイブの軸の回転運動最強にすると同時に、
クリトリス用のシリコン突起の振動スイッチを入れ、
震える突端を充血した快楽の受容器の核に押し当てました。

「あおおーっ!おおっ!あおおーっ!
おうっ!はがひぐっ(また逝くっ)!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは断末魔の絶叫を上げると全身を痙攣させて
あっという間に昇天して果てました。

「ホラッ、まだだ。ダラッとしてんじゃねぇよっ!」
私は再びアキノさんのお尻を叩いて正気を取り戻させると
更に強く振動棒を淫核に押し当てながら、
バイブの軸を前後運動と回転運動与えて、
Gスポットとポルチオへの刺激も与え続けました。

「ひいいっ!ひぐうっ(逝くうっ)!おおっ!ひぐっ(逝くっ)!」
アキノさんは間髪入れずに再び絶頂に昇り詰めて果てました。

「ホラッ!まだ逝けるだろうがっ!」
私はバイブを更に激しく律動させながら彼女のお尻を平手打ちし
苦痛と快楽の刺激を同時に与えました。

「ひいっ!ひぐうっ(逝くうっ)!はがひぐっ(また逝くっ)!」
アキノさんは絶叫しながら身体をブルブルと震わせて
エクスタシーへと昇っていく様子でした。

「フン、マ○コをバイブで掘られた上にケツを叩かれて
また逝きそうか、この変態マゾ女!」
私はアキノさんを貶めるように言いながらバイブで抉り
お尻を平手打ちし続けました。

「あううっ!おあんお、ひおひいいっ(オマ○コ気持ちいい)!
おひいお、ひおひいいっ(お尻も気持ちいいっ)!」
アキノさんは被虐的な興奮と苦痛と快楽の刺激を受けて
半狂乱の姿で狂ったように叫びました。

ヴーンというモーターの振動音とビシッ、ピシャッという
皮膚の弾ける破裂音と複雑に絡み合って部屋中に響き
私たちの聴覚を刺激して興奮を更に煽っていきました。

「あがあっ!ひぐうっ(逝くうっ)!ひぐううっ(逝くううっ)!」
アキノさんは悲鳴のような絶叫を上げ続けながら、
ビクビクと全身を硬直させ口から大量の泡を吹き
激しく痙攣しながら苦痛と快楽の複合刺激で昇天して果てました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3734-d51d6516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック