FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭を彼女の秘所に大量に垂らし、
蝋で彼女の秘所の型を取りました。
そして、蝋の熱刺激で大量の愛液を分泌させたヴァギナに
バイブを押し込んで昇天させ、自らの手でも逝かせました。

そして、最後に正常位から挿入し、屈曲位でポルチオを責め
膣内への刺激で再び昇天させました。

正常位での挿入で逝き果てたアキノさんはベッドの上で
ハァハァと激しく呼吸しながら茫然としていました。

私は次にアキノさんの髪を鷲掴みにして引っ張りました。

「ううう…」
アキノさんは髪を毟られるような強い力に呻き声を上げて
されるがままにうつ伏せに寝かされました。

「ホラッ、ケツを持ち上げるんだよっ」
私はそう言いながらアキノさんの爛れたお尻の皮膚を
平手で叩いて命じました。

「ひいっ!ううう…くうう…」
アキノさんは突然の痛みに瞬間的な悲鳴を上げてると
私の命令に屈するようにお尻を持ち上げました。
私はその持ち上げた腰の下に枕を押し込むと、
アキノさんの身体が「く」の字になるように固定しました。

そして、私は彼女の上から覆い被さると、背後から再び
彼女の体内に私の分身を押し込んでいきました。

「あううっ…うぐうっ、ぐううっ、ぐふうっ、あぐっ…」
アキノさんは体内に押し込まれた肉棒が粘膜内部を
蹂躙するように運動するたびに甘い喘ぎ声を上げました。

私はその反応を見つめながら、腰の前後律動と回転運動を
複合的に混ぜ合わせました。

「あうう…くうう…おうう…あおお…」
アキノさんは快楽刺激に浸っていくように甘い喘ぎ声を上げ
私が更に奥まで侵入しやすいように腰を持ち上げました。

私はその反応を見ながら…
「フン、変態マゾ女は刺激が足りないだろう…」
と言いながら、アキノさんのお尻の青痣になった部分を
鷲掴みにするように抓り上げました。

「ひいっ!あううっ!おおうっ!」
アキノさんは突然の苦痛刺激に身体を硬直させながら
苦悶の叫び声を上げました。

「オラッ、変態マゾ女はこの方が嬉しいだろうが、あん?」
私はそう言いながら、今度はミミズ腫れで赤くなったお尻に
平手打ちを与えました。

ピシャッという皮膚の弾ける音と共に「ギャアッ!」という
アキノさんの絶叫が響きました。
そして彼女はブルブルと身体を小刻みに震わせて、
与えられた痛みに耐えている様子でした。

私はその様子を見つめながら、更に自らの興奮が高まり
より強い苦痛と快楽を与えようという思いが湧き上がりました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3737-593d26ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック