FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭を彼女の秘所に大量に垂らし、
蝋で彼女の秘所の型を取りました。
そして、蝋の熱刺激で大量の愛液を分泌させたヴァギナに
バイブを押し込んで昇天させ、自らの手でも逝かせました。

そして、最後に正常位から挿入して昇天させた後、
後背位から挿入し、爛れたお尻を平手打ちしました。

後背位からの挿入とお尻の平手打ちで昇天したアキノさんは
ベッドの上でグッタリとしたままハァハァと激しく呼吸しながら
意識朦朧としている様子でした。

私は彼女の背後からギャグボールとアイマアスクを外すと
髪を掴んで引き起こしました。

そして私が仰向けに大の字に寝た横に正座させて…
「ホラ、お前の汚いマ○コ汁を掃除しろ…」
と厳しい口調で命令しました。

「ううう…は、はい…」
アキノさんは意識朦朧とした状態でフラフラとしながら
虚ろな視線を泳がせてそう答えました。

「ホラ、サッサとやるんだよ!」
私がそう言ってアキノさんの頬を平手で叩くと
「あううっ…、申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
と、彼女は脱力したまま答えました。

そしてヨロヨロと身体を私の開いた両脚の間に滑り込ませて
蹲るように顔を私の股間に寄せました。

「ううう…ご主人様、失礼します。お掃除させていただきます…」
アキノさんは茫然とした表情を浮かべながら私にそう言うと
舌を差し出して肉棒の根元から先へと這わせていき、
肉棒の粘膜にベットリと絡み付いた白く泡立つ牝粘液を
舐め取っていきました。

「フン、マ○コ汁をこんなに出して汚しやがって…。
 自分で責任もってキレイにしろよ」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…ううう…」
アキノさんは私の命令に応えるように丁寧に舌を這わせ
肉竿の前後左右に付着した汚粘液を舐め取りました。

「ホラ、根元にも袋にもついてるだろうが…」
私がそう言ってアキノさんの頭を小突いて促すと…
「ううっ…、はい、申し訳ございません、ご主人様…」
と、舌で陰毛に絡んだ粘液を舐め取り、続けて陰嚢も
舌を使って付着した粘液を丁寧に舐め取っていきました。

「ホラ、マ○コ汁、うまいか?」
「ううう…はい、美味しいです…。
 淫乱な奴隷のオマ○コ汁、美味しいです…。
 ご主人様のオチ○チンをお掃除出来て、嬉しいです」
アキノさんはウットリとした表情でそう答えました。
自らの淫らな姿で更に自分自身を興奮させている様子で
嬉しそうに舌を這わせ続けていました。

私はアキノさんの奉仕で喜ぶ姿を見つめながら、
自らの加虐心が満たされてくのを感じました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3739-a4102b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック