FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『蝋型マン拓(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつものホテルに入ると、私は部屋着に着替えて
部屋の奥のソファに座り調教道具の準備を始めました。

アキノさんは私の脱いだ服をハンガーに掛けて、
下着類を丁寧に畳んでクローゼットにしまってから
全裸になり持参した首輪とつけてベッドの上に上がりました。

彼女を胡坐で座らせると、彼女の両手首を重ねて綿紐で縛り、
その手首を胡坐で重ねた足首に縛り付けて固定しました。

その上で、彼女のギャグボールを噛ませアイマスクを嵌めて
視覚と言葉を奪いました。

次にアキノさんの臀部を乗馬鞭で叩き、続けて乗馬鞭の先端の
パドル部分を外して棒状態にして叩き、それによって出来た
痣やミミズ腫れを尖った先端で抉りました。

彼女が痛みで秘所を濡らし始めると、私は乗馬鞭の先端を
彼女の膣の中に押し込んで抉るように回転させながら刺激し
続けてディルドで膣内を責めて昇天させました。

次に私は低温蝋燭を彼女の秘所に大量に垂らし、
蝋で彼女の秘所の型を取りました。
そして、蝋の熱刺激で大量の愛液を分泌させたヴァギナに
バイブを押し込んで昇天させ、自らの手でも逝かせました。

そして、最後に正常位から挿入して昇天させた後、
後背位から挿入し、爛れたお尻を平手打ちして逝かせ
その後、ペニスを舐めて掃除させました。


「おお~…いいぞ、そのまましゃぶってみろ…」
私がアキノさんにそう命じると、彼女は嬉しそうに微笑んで…
「はい、かしこまりました、ご主人様。ありがとうございます」
と答えてペニスをゆっくりと口に含みました。

「ご主人様、失礼しいます…んふっ…んふっ…」
アキノさんはそう挨拶すると彼女は両手を肉茎の根元に添え
大きく口を開いて亀頭を飲み込んで行きました。

「んふっ…んんっ…んふんっ…むふうっ…」
アキノさんはウットリとした表情を浮かべたまま小声で呻き
顔を上下に動かしながら喉奥まで肉茎を飲み込みました。

「そうだ。いいぞ。もっと唾液を口に出して吸え。
 舌も左右に動かすように使ってやってみろ」
「んふっ…ふぁい(はい)…んふっ…んふんっ…」
アキノさんは私に促されると上目遣いに私を見上げながら
口を窄めて舌を左右に動かし亀頭に絡めながら
私の性感帯を刺激し続けました。

私はその刺激に自らの興奮が膨張するのを感じました。

「おお…、いいぞ…、そうだ…、そのまま続けろ…」
「んふっ…ふぁい(はい)…、んふっ…、むふうっ…」
アキノさんはそう答えてネットリと舌を絡めながら
ディープスロートを更に激しくしていきました。

「おおっ、いいぞ、逝くぞっ、おおっ」
私は呻くように小さく叫ぶと、自らの興奮を爆発させました。
そして欲望と興奮で膨張した亀頭が破裂するように
先端から白濁液を放ちました。

「むふっ!むぐうっ!うぐぐうっ!」
アキノさんは口内に熱くて生臭い粘液を放出され、
苦悶の呻き声を上げながら耐えて受け止めていました。
そして、静かに顔を肉茎から離すと、喉を鳴らして嚥下しました。

そして、彼女は硬く閉じた目を開いて私を見つめながら…
「ご主人様、ありがとうございました。嬉しかったです…。
 ご主人様の精液…美味しかったです…」
と、恍惚の表情で答えました。

「そうか。美味かったか。精液を喜んで飲むのは変態だな。
 じゃあ、最後に変態マゾ女は掃除だ…」
「はい、かしこまりました、ご主人様。お掃除させていただきます。
 ご主人様にご奉仕出来て嬉しいです…。ありがとうございます」
アキノさんはそう答えて再び私の股間に顔を寄せて舌を伸ばし
肉茎にベットリと絡み付いた牝蜜と唾液と精液の複合液を
丁寧に舐め取り始めました。

私は嬉々として汚液を舐め取る彼女の姿を見つめながら
サディストとしての言いようもない満足感を感じていました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3740-86d78b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック