FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


みなさま、こんにちは。亮です。
いつも続俤陵辱譚にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今日も昨日の日記に引き続き【SM的考察】です。

昨日の日記に書いた子供の新しい習い事の指導者の
D先生が仰っていた言葉です。

「ウチで習うと決めたなら他では習わないで下さい」

この習い事は危険が伴うので、指導者の言うことを聞かないと
大怪我をする可能性が高いのです。

別の教室の指導者同士が引き継ぎや進捗確認も出来きません。
教室によっては教える手順も全く違います。
別の教室で教わったことが、コチラの教室では無駄だったり
逆効果で上達の妨げだと考えられていたりします。

「前の教室ではこう教わった」とか
「他に通っている教室ではこうしろと言われた」
なんて言う人が結構いるそうなのですが
そのD先生に言わせると…

「あぁ…、そんな風に教わっているから出来ないんだよ。
その出来なかった方法を続けていたら永遠に出来ないよ。
そのやり方で出来ないからウチに来たんじゃないの?。
なのに、その出来なかった方法に固執するのが理解できない」

と思うのだそうです。

病院のセカンドオピニオンもそうだと思うのですが、
色々な意見を採り入れて自分の希望に合ったところを探して
自分に最も合うところを見つけたら信頼して従う。
コレが一番効果的だと感じています。

現に、ウチの子供はD先生に習ったら
C教室で「1年掛かっても無理」と言われた技を
1週間で習得出来ましたから(笑)。

【以下、SM的考察】


これはSMの主従関係にも同じことが言えると思います。

色々な男性がいると思いますが、
「この人をご主人様にする」と決めたなら
素直に従うべきだと思うのです。

ご主人様というのは唯一無二の存在です。
ご主人様がいるのに、そのご主人様よりも上位の男性が
心の中にいることは失礼な事なのです。

新しくご主人様ができたにも関わらず
過去のご主人様との思い出に浸り
過去のご主人様への未練を延々と語るのであれば
その人と未来に向けて主従関係を築くことは出来ません。

そういう男性がいるなら、その男性に乞い願って
隷属するべきだと考えています。

サタミシュウの『はやくいって』に出てくるセリフですが
「恋人に少しでも悪いと思ったら、逆に来てはならない。
なぜかわかるか?。
俺に失礼だからだ。わかるな?」
という言葉があります。

ご主人様よりも上位の男が心の中にいるのに、
ご主人様に逢いに来るのは失礼な事なのです。

ご主人様が優先順位第一位であれば、恋人がいようが
何をしようが、一向に構わないのです。
ご主人様とはそういう存在だと考えています。

誰に従うかを決めるのは従者さんです。
誰に従うかを決めるまでに色々な男性に接して
従者側が判断することも大切だと思います。

ですが、従うと決めた以上は失礼の無いようにすべき
と感じたD先生のお言葉でした。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3763-eb8e91bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。