FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


「あの…。こんな手紙が届いたのですが…」
彼はそういって受付の中年男性にダイレクトメールを渡す。

「あ、はい。18歳ですね。こういう所は初めてですか?」
中年男はにこやかに声をかける。
「はい。あの…初めてなので…」
18歳の若者は戸惑いとハニカミの表情を浮かべて答える。

「心配しなくて大丈夫ですよ。では、こちらへどうぞ」
若者は中年男に促されて、薄い壁で仕切られた奥へ通される。

「童貞を捧げる初めての相手はよく選ばなくちゃ」
若者はテーブルに差し出された名前の中から
「この人」と思える運命の初体験の相手を選んだ。

勇気を振り絞って相手を選んだ若者は
「えっと、次はどうしたらいいんだろう…」
と不安そうに周囲を見渡す。

ふと、奥の部屋にいた女性と視線が重なる。
彼女は彼が初体験と気付いたようで優しく微笑んで
「選んだら次はこちらですよ。どうぞ…」
と包み込むような言葉で優しく誘う。
若者は誘われるままに歩みを進めて部屋に入っていく。

「さあ、遠慮せずに入れていいのよ…」
女性の言葉に勇気をもらった若者は
ゴクリと生唾を飲み込んで、興奮冷めやらぬうちに
一気に押し込んでいく。

そして、解放された後の達成感に満たされながら…
「これで初体験は済んで童貞を捨てたぞ。俺は大人になった」
と感じた。

外に出たら灼熱の陽射しが眩しく感じた18歳の夏だった。



と、いうコトで今日は久しぶりの【官能的日常】です。

今日は参議院選挙の投票日ですね。

今回の選挙から選挙権が18歳以上になるので
この参議院選挙が初めての投票という方もいると思います。

先日、18歳の女性とお話ししたときに…
「もちろん、選挙にいきますよ」
と仰っていた意識の高い若者もいますからね。

自分達の国のあり方や将来の方向を考える上で
自分の意思表示をする機会ですから、
せっかくの一票の権利を大切に使って欲しいと思います。

で、先日、こんな記事を見つけたのでネタにしてみました。

『和歌山の18歳選挙ポスターに反響』

私としては「和歌山、なかなかやるなぁ…」と感じましたね。

<投票を呼びかけるポスターの一例>
「初体験は、18の夏がいい。」
「選挙童貞を卒業しよう。」
「大切な『初めて』は、信頼できる人のささげよう。」
「大人の責任は、10代でとろう。」
「CDを買わなくても投票できます。」

などなど…、このキャッチコピーがポスターになっていて
街中に貼られているんだとか(笑)。

このキャッチコピーは10代の学生や社会人が考えたのだそうで
同世代の若者が興味を持って投票に行こうと思えるように
作られたんだとか。

シャレがきいていてなかなか面白いと思います。

せっかく与えられた大切な一票の権利ですから、
この機会に初体験を済ませて
「選挙童貞」「選挙処女」を卒業するようにしましょう。

あ、あと本当に処女を卒業したいとお考え中の方は
お気軽にお声掛け下さい。優しく対応しますので。
(↑オチはそこかい! 笑)。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3801-d13d7cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。