FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾へ始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に
ビジネスデスクに座る私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて彼女が望む通り緊縛することにして、
制服を脱いでもらいました。

ミユさんの胸は小ぶりながら若さの弾力が感じられ
先端には可憐な蕾のような淡い色合いの乳首がありました。
ミユさんは恥ずかしそうに手でその突端部分を隠しながら
私を潤んだ瞳で見上げていました。

「じゃあ、縛ってあげるから後ろを向いて…」
「あ、はい…」
ミユさんは緊張のためか、表情も身体も硬直させて答えて
正座した姿勢のまま私に背中を向けました。

それまでの女子○生特有の明るさも消え去り
緊張でガチガチになっている様子でした。

「はい。両手を背中に回して重ねて」
私はほどいた綿紐を持ってそう言うと、
ミユさんは無言のまま肩越しに私を見て
恥ずかしそうに俯いてしまいました。

「ほら、そのままじゃ縛れないでしょう」
「え、でも…ちょっと恥ずかしいです」
「恥ずかしいって、どうして?」
「あの…おっぱい小さいんで…」
そこに彼女のちょっとしたコンプレックスがあるようでした。

「フフッ…、そんな事気にしなくていいよ。
縛ればキレイな形に仕上がるから…」
「はい…。ごめんなさい…」
ミユさんは私に促されて渋々という感じで
両手を背中に回して手首を重ねました。

私は手首を重ねて結び目を作って固定すると、
綿紐を乳房の上下に這わせるように身体に巻き付けて
縛り上げていきました。

ミユさんはその間もされるがままで抵抗することもなく
ジッと俯いていました。

「や、めっちゃ恥ずかしい…」
彼女は照れ隠しなのか、そう言って顔を真っ赤にしました。

「フフッ、そんなに恥ずかしいの?」
「はい。明るいところで見られたの始めてなんです」
「彼氏には見せてあげないの?」
「だって小さいから見られたら恥ずかしい…」
ミユさんはそんなところにもコンプレックスを感じながら
これまでSEXをしてきたようでした。

私は彼女に構わず綿紐を這わせていき、背中の起点から
ストラップを作るように乳房を挟んだ綿紐を引き上げ
乳房をくびり出して強調するように縛り上げていきました。

縛られている間、ミユさんは軽く目を閉じて唇を噛み
されるがままに身を委ねていました。

最後に、乳房を丁寧に綿紐の間に形を整えるように納めて
彼女の胸の膨らみと弾力を確かめました。

「ほら、こんなにキレイな形をしてるよ…」
私が彼女の乳房を整えてから言うと…
「あの…明るいところで見られたことがないんで…
すごく恥ずかしいです…」
と、目にいっぱいの涙を浮かべて、彼女は答えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3982-1dffb00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック