FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾へ始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に
ビジネスデスクに座る私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて上半身を脱いでもらって綿紐を掛けていきました。

「じゃあ、ベッドに上がってみようか」
「はい…」
私がそう促すとミユさんは頷いて立ち上がろうとしましたが
両手を後ろ手に縛られていて立ち上がれませんでした。
私は後ろから彼女を支えるようにして引き上げると
ベッドの上に彼女を寝かせました。

そしてスカートの中に手を入れるとショーツを引き下げ
足元からスルリと抜きました。

「いや…恥ずかしい…」
ミユさんはそう言って顔を横に背けて赤らめ
腿をピタリと合わせて固く閉じました。

彼女の股間はのVゾーンはお手入れされない状態で
恥毛がフサフサと生えていました。

「ほら、気持ちよくしてあげるから脚を開いて…」
私は極力冷淡にそう言うと…
「うう…、でも、恥ずかしい…」
と羞恥心に目を潤ませて弱々しく彼女は答えました。

「じゃあ、やめてもう帰るかい?」
私がそう強く押すように促すと…
「はい…ごめんなさい…」
と、今にも泣き出しそうな声で彼女は答えて
太股に込めた力を緩めていきました。

私は躊躇せず彼女の両脚を開いてスカートを捲り上げ、
未完成な秘部を晒しました。
彼女の秘部はポッテリと肉の唇に包まれて襞も小さく
やや濃い恥毛に包まれて奥に隠れていました。

私はゆっくりと指先で襞を撫でていくと
彼女は敏感にセンサーに反応するように
ピクリ、ピクリと身体を震わせました。

「フフッ、もう濡れてるね…」
シットリとした湿度指先に感じてそう言うと
「いや…恥ずかしい…」
と、羞恥心を煽られたように彼女は答えました。

「恥ずかしいと思ったらしい嬉しいと言うようにしなさい」
私はゆっくり肉襞から奥の愛液を吐き出す蜜口へと指を這わせ
彼女の感度と羞恥心を煽っていきました。

「はい…。ごめんなさい…。嬉しいです…」
ミユさんは素直にそう答えながら私の指先の動きに
ピクン、ピクンと縛られた身体全体を反応させ続けました。

「なかなかいい感度だね」
「はい…。ありがとうございます…」
「じゃあ、もっと刺激的なことをしてみようか…」
私はそう言うと次のステップへと進む準備に入りました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
更新嬉しくて。
こんにちは。
ブログ久しぶりに拝見して、
アキノさんを手放されていたことに驚きましたが、
過去の記事が読めて嬉しいです。
これからも楽しみにしてます。
2017/01/18(水) 07:16 | URL | ゆみ #-[ 編集]
ゆみさんへ
コメントありがとうございます。

今年は読者さんに楽しんでいただけますよう
過去のネタですが書き綴っていこうと思っています。
みなさんに楽しんでいただけまいたら幸いです。

今後もお気軽にコメントなどいただければ嬉しいです。
2017/01/20(金) 17:12 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3986-b9637bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック