FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾へ始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏して挨拶しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて上半身を脱いでもらって綿紐を掛けていきました。

次に、彼女をベッドに仰向けに寝かせるとショーツを脱がせ
スカートを捲り上げて秘所を指で丁寧に愛撫しました。

「じゃあ、もっと刺激的なことをしてみようか」
「はい…」
「オモチャは使ったことある?」
「ないです」
「じゃあ、最初は可愛いヤツで試してみようか…」

私はそう言うとローターを取り出して、やや弱めに振動させ、
最初は縛られて上に突き出た乳首にそっと当てました。

「あうん…」
ミユさんは初めて感じた振動刺激に驚いた様子で声を上げ
身体をすくめるように逃げようとしました。

「ほら、逃げちゃだめだよ。やってみたかったんでしょ?」
「うう…、はい。ごめんなさい…」
ミユさんは素直に応じるとローターの振動を受け入れました。

「フフッ、素直でいい子だね。初めてのオモチャはどう?」
「ちょっとくすぐったい…です…」
まだ快楽を感じられない未開発な少女の素直な感想が聞けました。

私はゆっくりとローターを乳首からお腹、臍へと這わせていき
先程開いた彼女の両脚の間へと運んでいきました。
そして、肉厚の唇を丁寧に撫で回すようにローターを這わせ
彼女の秘所全体を振動刺激で包んでいきました。

「あぁ…、ううう…」
初めて敏感な部分に広がっていく甘美な刺激を受けて
ミユさんは甘い声を漏らし始めました。

「フフフ…、気持ちよくなってきたでしょう…」
「よくわかんない…です…」
未開の身体は快楽そのものを理解できていない様子で
彼女は素直にそう答えました。

「ミユはオナニーはどうやってするの?」
「え?ええと…」
突然の質問で困惑した様子でミユさんは答えに窮しているようでした。

「ミユはオナニーなら彼氏とするよりも気持ちいいんでしょう?」
「はい…」
「じゃあ、オナニーの時のように気持ちよくしてあげるから」
「はい…」
「じゃあ、いつもはどうやってオナニーしているの?」
「え…、あの…、クリを指で弄って…」
ミユさんは羞恥心と葛藤しながら精一杯の語彙でそう答えました。

「そう。クリを弄ってオナニーするんだね…」
私はそう確認するとミユさんの肉唇を指で開いて
彼女の肉襞の包皮に包まれた敏感な部分をさらけ出し、
そこにローターをそっと押し当てていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3987-17ba0334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック