FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾へ始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏して挨拶しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて上半身を脱いでもらって綿紐を掛けていきました。

次に、彼女をベッドに仰向けに寝かせるとショーツを脱がせ
秘所にローターを当てて初めての振動刺激を与えました。

「きゃっ!」
ミユさんは突然襲ってきた敏感な核への振動刺激に驚いて
悲鳴のような声を上げて太股を閉じようとしました。

「ほら、逃げちゃだめだよ。気持ちよくなりたいんでしょう。
脚の力を抜いて…」
「はい…、ごめんなさい…」
私に諭されるように言われて彼女は再び脚の力を抜きました。

私は再び彼女の両脚を広げると、私の身体を挟ませて
脚を閉じられないようにな姿勢を取らせました。
そして、肉唇を開いてクリトリスの包皮の上からローター
押し当てました。

「あっ!ああっ!いやっ!」
初めての振動刺激に驚きながらも、襲ってくる快楽の波に
ミユさんは抗いながら耐えている様子でした。

「ほら、素直に受け入れなさい。すぐに気持ちよくなるから」
「ううう…、ごめんなさい…、でも…」
「でも…、何?」
「くすぐったい…です…」
ミユさんは与えられる刺激に素直に答えてくれました。

「そう。くすぐったいんだね…」
私はその答えを確認すると、今後は肉蕾を包む包皮を剥いて
敏感な粘膜に直接ローターを当てました。

「いやあっ!ちょっと、待って…、いやあっ!」
ミユさんはダイレクトに伝わってくる振動刺激に驚いて
悲鳴のような声を上げて身体を硬直させました。

「フフフ…、くすぐったいのは刺激が足りないから。
痛いのは刺激が強すぎるから。
そこを調節していくと気持ちよくなるんだよ」
私はそう言いながらローターを転がすように動かしながら
敏感な肉核を責めていきました。

「いや…、ちょっと待って…あああ…、いやや…」
ミユさんは泣きそうになりながら私を見上げて言い続けました。
「嫌って言われてやめたら面白くないんだよ」
私はそう冷酷に言うと、更にグイグイとローターを押し当てました。

「あああ…いややぁ…ちょっと…ちょっと待ってぇ…」
逃れようとしても縛られて叶わず、脚を閉じようとしても
私の身体に阻まれて出来ず、彼女はただ与えられる振動刺激に
必死に耐えるしかありませんでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3988-1ba1a009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック