FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!



ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾を始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏して挨拶しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて上半身を脱いでもらって綿紐を掛けていきました。

次に、彼女をベッドに仰向けに寝かせるとショーツを脱がせ
秘所をローターで責めて初めてのエクスタシーを与えた後、
オルガスターを挿入して更に快楽を与えました。

「どうだい?初めてのオルガスターは…」
私は彼女に優しく訊ねながら、ゆっくりと挿入したシリコンで
彼女の内側の粘膜に振動刺激を充満させていきました。

「あぁぁ…何だか…変な感じ…」
ミユさんが初めての与えられた振動刺激が
自分の身体の芯から広がっていく感覚を初めて味わっていました。

「フフフ…、さっきのローターと同じ刺激だよ…」
「あぁぁ…はい…わかります…ううう…」
初めてエクスタシー味わった刺激が自分の身体の中に感じ
ミユさんはその感覚を上手く表現することが出来ずにいました。

「フフッ、じゃあこうするともっと感じるようになるよ…」
私はそう言ってオルガスターのクリトリス用の突起を
既に最初の絶頂を得て敏感になっている突起に押し当てました。

「あっ!あううっ!はううっ!」
ミユさんは甘美な叫び声を上げると縛られた身体を仰け反らせました。

「フフフ…、ミユはいい反応をするね…ほら、これはどうかな」
私は意地の悪い笑いを浮かべながら、ミユさんの膣奥へと
オルガスターのシリコンを押し込み、クリトリス用の突起を
グイグイと押し当てました。

「はあっ!あうっ!あうううっ!」
ミユさんは初めての与えられた内側と外側への同時刺激に
言葉にならない呻き声を上げました。

「ほら、気持ちいいかい?」
私は薄ら笑いを浮かべながらオルガスターを回転運動させて
膣内全体と外陰部全体に振動が広がるように動かしました。

「あっ!ああっ!き、気持ちいいっ!ああっ!」
ミユさんは初めて得られた快楽刺激を歓喜の言葉に変えて
甘い叫び声を上げました。

「フフフ…そうか、ミユはこういうのが気持ちいいんだね」
私は回転運動に更に前後運動も織り混ぜながら刺激を与え
彼女の快楽を更に高めるように煽りました。

「あぁ~、こんなん…こんなん初めてやわぁ~…」
ミユさんは思わず関西弁でそう呟くように言いました。
それは嘘偽りも飾りも無く、快楽だけを受け止めている
素直で従順な少女の反応でした。

「ミユがいい子にしていたらもっと気持ちよくしてあげるよ」
私が彼女の虚ろな目をジッと見つめながら髪を優しく撫でて
囁くように言うと、彼女は黙ったまま力強く頷きました。

それは彼女が更に快楽に向けて冒険しようとする
強い好奇心の現れのように感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3997-ab045b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック