FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

※今回の調教を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ブログ経由でミユさんがコンタクトを取ってきてから
毎日のようにメール交換を続けるなかで、
彼女は「調教を受けたい」という願望を持ったようでした。

そこで、当時飼っていたペットのミサさんの了解を得た上で
ミユさんを多頭で飼うことにしました。

そうして、ミユさんを奴隷にして躾を始めてから2週間後、
私の大阪出張が入り、彼女と直接逢うことになりました。

当日は私達は大阪市内のホテルで学校帰りに逢うことになり、
彼女はいかにも女子○生という制服で現れました。

ホテルの部屋に入ると、ミユさんは最初に私の前の床に正座して
「あ…あの…、ミ…ミユを…奴隷に…して下さい」
と練習してきた通り可愛らしく言って平伏して挨拶しました。

そして、彼女がずっと憧れていたという首輪を嵌めてやり
続いて上半身を脱いでもらって綿紐を掛けていきました。

次に、彼女をベッドに仰向けに寝かせるとショーツを脱がせ
秘所をローターで責めて初めてのエクスタシーを与えた後、
オルガスターを挿入して再びエクスタシーを与えました。

ミユさんはオルガスターによる膣内とクリトリスへの責めを受けて
エクスタシーに達した後、グッタリと脱力したまま目を閉じ
ハァハァと浅く速い呼吸を続けていました。

私は呆然とするミユさんを横目で見ながら勃起したぺニスに
コンドームを装着しました。

そして、私は抵抗する力を失ったミユさんの身体を引き寄せると
彼女の両脚を開き、オルガスターの刺激でパックリと口を開いた
膣の入口に肉茎を宛がって溢れ出た蜜を先端に絡めるように
宛がって動かしました。

「フフフ…、気持ちよかっただろう…」
「ううう…、はい、気持ちよかったです…」
「もっと気持ちよくなりたいかい?」
「はい…もっと…気持ちくして欲しい…です…」
ミユさんはトロンとした充血して潤んだ目を私に向けて
焦れったそうに私のぺニスの動きに反応するように
モジモジと腰を動かし続けました。

「フフッ、欲しいんでしょう?」
ミユさんは私の維持悪い質問に黙ったまま頷きました。

「欲しいならちゃんと言ってごらん」
私が更に焦らすようにぺニスの先端でクリトリスを
刺激していくと…
「ううう…あの…何て言えば…いいですか…」
と、困ったような、それでいて物欲しそうな表情を浮かべて
私に訊ね返しました。

私はミユさんの耳元に顔を寄せていき…
「ご主人様のオチ○チンを奴隷のオマ○コに入れて下さい…だよ」
と、囁くように言い聞かせました。

ミユさんは目を閉じて眉間に皺を寄せて唇を噛み、
快楽と好奇心と羞恥心とが葛藤している表情を浮かべました。

「あ…あ…あの…」
彼女は恥ずかしさに震えつつ、それで下半身の疼きに耐えながら
必死に言葉を紡ぎだそうとしている様子でした。

「あ…あの…ご…ご主人様の、お、お、オチ○チンを…
奴隷の…お、お、お、オマ○コに…入れて…下さい…」
ミユさんは消え入りそうな声で私に挿入を望みました。

「はい、良くできました…」
私がそう言って髪を撫でてやると
「めっちゃはずい…」
と涙を浮かべて答えました。

「よし、ほら、ご褒美だよ…」
私はそう言うとミユさんの充分に潤った膣粘膜の入口に
ぺニスの先端を宛がって、ゆっくり中に押し入っていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4000-8e8b5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック