FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※これは4年前のお話です。

詳細プロフィール:ミユさん

**************************************************

※画像はミユさん本人とは関係ありませんが、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私はミユさんに勧められてLINEをスマホにインストールすると
ミユさんと友達登録をしました。

そして、私が東京に帰ってからの彼女とのやり取りは
すべてLINEですることになりました。

朝の挨拶も帰宅の報告も、日々の出来事についての話も
オナニーの報告も、すべてLINEでのやり取りになりました。

そんな中で、私はミユさんとのやり取りに特徴を感じていました。
それは、今までのメールと同様、単文で何度も送ってくることでした。

また、LINE特有のスタンプというものがあり、
これをその時の気分に応じて送ってくるのでした。

私は彼女のその行動パターンに「いかにもイマドキの女子○生らしい」
という感想を持ちました。

そんなある日の朝、ミユさんからLINEが送信されてきました。

> おはようございます

> けさ、オナしました。

> 指でしたけど、この前のローターみたいに気持ちくなりませんでした。

と、相変わらず細切れの文章が送られてきて、
最後に白いウサギが泣いているスタンプが送られてきました。

私はその日は朝からクライアントさんと外勤する予定で
送られてきたメッセージを読んだだけで…
(あとで返信すればいい)
といった程度に軽く考えていました。

そして、朝からクライアントさんとお得意先様へ営業活動に行き
ミユさんからのメッセージは放置したままにしていました。

午前中の商談を終えて昼食時にスマホを確認したところ
3時間ほどで十数件のメッセージが着信になっていて
それがすべてミユさんからのものでした。

私がメッセージを開くと…

> 何か怒ってますか?

> 悪いことしたならごめんなさい

> 既読がつかないのは読んでもらえないほど怒ってますか?

そんな単文のメッセージが多数送られてきていて
その都度、「ごめんなさい」というスタンプが送られていました。

私が「コレが彼女の言っていた既読スルーか…」と
初めて彼女の意図が理解できました。

つまり、メッセージを読んだのに返信しないのは…
「返信しない理由」があり、ミユさんはその理由が「私が怒っている」
と勘違いしているのだと初めて認識できました。

私はミユさんを安心させるつもりで…

> こんにちは。
> 別に全然怒っていないぞ。
> 今日は午前中は仕事をしていたのでスマホを見られなかった。
> 忙しい日は返信できないこともあるから気にしないように。

すると、ミユさんからはすぐに返信が短文で小刻みに返ってきました。

> よかったです。

> はい。かしこまりました、ご主人様。

> 既読にならなくてもお返事がなくても心配しません。

> お返事が来るまで待っています。

> 笑

そう5通に分けてメッセージが送られてきました。
そして、最後に恒例のスタンプが送られてきました。

私はそこでふと気が付きました。
(最後にスタンプが送られてきたら文章が終わりなんだな)

私は、そう理解するとミユさんに返信を送りました。

> ミユからのメッセージはちゃんと読むし返信もする。
> だから心配しなくていい。
> というか、ミユは授業中だろう。
> LINEに熱中していないで授業に集中しなさい。

すると、ミユさんから再び返信が返ってきました。

> はい、かしこまりました、ご主人様。

そして、最後に熊が「了解です」と言っているスタンプが
送られてきました。

(何だか疲れるな…)
40代の私はミユからの感覚についていけないなぁ…と
漠然と感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4019-510642db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック