FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

**************************************************

ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
の3点を告白してきました。

その上で、ユミさんが、今現在でも毎月1回上京しているので
遠距離でも大丈夫と言うので…

> ユミさんが毎月1回状況する理由はお仕事か何かですか?。

とDMで訊ねてみました。
すると、ユミさんからは思いがけない返信が送られてきました。

> いいえ。毎月1回上京しているのはお仕事ではありません。
> 1年くらいお付き合いしているスパンカーさんがいて、
> その方にお尻を叩いていただくために上京しています。
> それは今後も続けていくつもりです。

と、なんの屈託もなく、さも当然のように返信が返ってきました。
私はユミさんのその返信に「???」と感じたので
ストレートにユミさんにDMを送りました。

> 私に飼われているペットが勝手に誰かに逢いに行くことはできん。
> それに、スパンキングはご主人様の役割であって、
> 他人にしてもらうことではないだろう。

すると、ユミさんからは反論のDMが送られてきました。

> 私はMですが、スパンキーでもあり、お尻を叩かれることが好きです。
> でもキーとしての自分の時はただ暴力的に叩かれるのではなく
> 親が子どもにするような愛のあるお仕置きを求めています。
>
> カーさんはSM的なことをするわけではなく、
> 日常のことで反省を促されてお仕置きでお尻を叩かれる
> というスタイルです。
>
> ご主人様という存在はご主人様しかいませんし、
> お仕えしているのもご主人様だけです。
> SM的なことをされて興奮できるのはご主人様だけです。
>
> ご主人様とカーさんの存在は私にとって全然違うものなのです。

私はユミさんが「飼われる」ということを理解できていないと感じたので
厳しいDMを送り付けました。

> ユミは「飼われる」ということを理解できていないようだ。
> 「飼われる」ということは「所有権を私に委ねる」ということだ。
> よって、「誰と会わせるか」「誰と遊ばせるか」も飼い主が決める。
>
> それに、スパンキングはご主人様の専権事項だ。
> 躾をするのもお仕置きを与えるのもご主人様である私の権利だ。
> その権利を誰かに移譲するつもりはない。
>
> 最初にも説明したが、「飼う」以上は責任を持つのが飼い主だ。
> どこぞの馬の骨に自分の責任を丸投げする気はない。
> 私が飼う以上、お前の願望を満たすのは私だ。

すると、ユミさんからは更に食い下がる反論が来ました。

> ご主人様のお話も理解できます。
> でも、違うんです…。その人とはそういう関係じゃないんです。
> 会ってもお尻叩かれるだけだし、他のことはなにもしないんです…
> 会ってもご主人様が心配されているようなことはありません。
> どうしても自分の中にスパンキーという性癖もあるのです…

そこまで書かれていたので、私はキッパリとしたDMを送りました。

> では、ハッキリ言おう。
> 私はユミのスパンキーとしての願望を満たすことは出来ないらしい。
> よって、私はユミの願望を満たすことが出来ないので
> ご主人様としてはふさわしくないだろう。
> なので、ユミはもっと自分の願望を満たしてくれる男を探せばいい。
> 私はユミにとって理想の男ではない。
> Mとしてもキーとしてもユミの願望を満たしてくれる男は他にいる。
> なので、金輪際、ユミを飼うことは出来ない。

ここまで書いて、ユミさんがトーンダウンしてきました。

> ご主人様に仕えたいです…
> そのスパンカーさんに会ってもMな部分は満たされません。
> かしこまりました。ご主人様のご命令に従います。
>
> でも、もしそのスパンカーさんに会いに行ったらどうなるのですか…?

私はユミさんの最後の質問に端的に答えました。

> 捨てる。

すると、最後はすべてを諦めた様子でユミさんから返信がきました。

> それは嫌です…
> カーさんには会いに行きません
> 色々と聞き分けのないことを言って申し訳ございませんでした…

ですが、この返信が面従腹背の回答でしかありませんでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/15(水) 22:24 | | #[ 編集]
ほのかさんへ
コメントありがとうございます。

そういう感覚はM女性は普通に持つ感覚なのかもしれませんね。
私はキチンと従う女性は丁寧に育てたいと思いますが、
従わない女性は私の思った通りに育ってくれないので
そういう女性は飼うのは難しいと感じてしまいます。

自由は否定しませんが、最低限、守ってほしい命令は与えますし
その命令に従ってくれる女性でないと育成や成長は難しいです。

それを理解して下さる女性は大切に育てたいと思います。
2017/02/18(土) 07:48 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4034-06601ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック