FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※ユミさんの駄犬ぶり最初から読むには『駄犬ぶり(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
これまで定期的に会っていたスパンカーの男性がいること
の4点を告白してきました。

私はユミさんにそのスパンカーの男性に逢うことを禁じた上で
この件で最初に相当抵抗したことを彼女に反省させるために
24時間のオナニー禁止のペナルティを与えました。

ですが、ユミさんはこのペナルティを1時間も我慢できず
オナニー禁止を破ってしまったことを報告してきました。

そのため、ユミさんに更にペナルティとしてオナニー禁止を延長し
オナニーを我慢して愛液が溢れ出す状態を報告させることにしました。

ですが、ユミさんから最初に送られてきた画像は
ショーツの外側からの画像で、クロッチに愛液が付着しているか
まったく見えない画像でした。

私は呆れつつも厳しい叱責のメールを送りました。

> お前は馬鹿か?。それとも命令を聞いていないのか?。
> 私が言ったのはショーツのクロッチの内側に
> マ○コ汁が付着している様子の判る画像を送ってこいと言っている。
> 外側を見てもマ○コ汁が出ているかわからんだろうが。

すると、すぐにユミさんからメールの返信がありました。

> ご主人様、理解できていなくて申し訳ございません。
> 改めて送らせていただきます。
> 今度は合格をいただけると嬉しいです。

という文章と共に画像が送られてきました。


> よし、いいだろう。
> ちゃんと次も忘れずにやれよ。

私がそう念押しするようにメールを送ると
ユミさんからは確認も込めた返信が返ってきました。

> ご主人様、ありがとうございます。
> でも、これからバイトに行くことになっています。
> なので、次の画像送信が出来ないかもしれません。

私はそのメールに再びイラッとしつつも返信を送りました。

> ならばバイトから帰ってきてからで構わん。
> 必ず報告のメールを送りなさい。

そして、その日の日付が変わる頃にユミさんから
改めて画像の送信がありました。

> こんばんは。
> ずっとオナニーを我慢しているので濡れっぱなしです。
> 気がつくとオナニーのことばかり考えてしまいます。
> 我慢するのがつらいです。

そう書かれたメールに画像が貼付されていました。


私はユミさんがかなり我慢を強いられている様子に満足しながら
更にメールで命令を下しました。

> これだけ濡れていたらマ○コ汁でショーツが気持ち悪いだろう。
> このまま明日も穿き続けてマ○コ汁でたっぷり汚しなさい。
> 汚れたままのショーツを穿いてバイトにいきなさい。

私はそう命令を下してユミさんの翌日の報告を待ちました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4043-de6a006e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック