FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※ユミさんの駄犬ぶり最初から読むには『駄犬ぶり(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
これまで定期的に会っていたスパンカーの男性がいること
の4点を告白してきました。

私はユミさんにそのスパンカーの男性に逢うことを禁じた上で
この件で最初に相当抵抗したことを彼女に反省させるために
ペナルティとしての命令をを与えました。

ですが、このペナルティがユミさんのダメダメな駄犬ぶり
曝けだす結果となりました。

> ご主人様、本当にダメなペットでごめんなさい。
> 今度はちゃんとお言いつけを必ず守ります。
> ですので、捨てないで下さい。

私は呆れ返った気持ちでユミさんに返信を送りました。

> ああ、本当にダメな駄犬だな。
> ここまでダメダメなヤツを飼ったことがないので正直呆れている。
> ちゃんと命令のメールを読んで自分が何をすべきか
> 復唱のメールを送ってこい
> 自分に与えられた命令を頭で理解しろ。

すると、ユミさんからは『復唱』のメールがきました。

> はい。かしこまりました、ご主人様。
> 今から24時間オナニーを我慢します。
> ショーツはご主人様がいいと言うまで穿き替えません。
> 2時間ごとにショーツの濡れ具合を撮影してご報告します。

やっとユミさんはそれで命令を理解できた様子でした。

ミユさんもそうでしたが、イマドキの若い世代にありがちな
「条件反射的返信」に慣れてしまっているのでしょう。

LINEでのやり取りなどのように、送られてきたメールに対して
「脳をほとんど使わない条件反射」のように即答することに慣れ
その文面が頭の中に残らないで消えていくのだと感じました。

そういう点も考えて、私はユミさんに『復唱』を
義務付けることにしました。

> 今後、私からのメールに命令があった場合は
> 必ず返信で『復唱』するようにしなさい。
> それでユミが私のメールを理解できているか判断する。

すると、ユミさんからすぐに返信が送られてきました。

> はい。かしこまりました、ご主人様。

と、早速『復唱』できていない返信でした。

> だから!命令されたら『復唱』しろと言っている!
> ちゃんと命令を読んで頭で理解してから返信しろ!

私の怒りのメールに泣きそうな返信が送られてきました。

> はい。かしこまりました、ご主人様。
> これからはご主人様から命令をいただいたら必ず復唱します。
> 理解できないダメなペットで本当にごめんなさい。

(本当にどこまで出来が悪いんだ、コイツは!)
と、沸々と私の中で怒りが沸くのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4045-101a7d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック