FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※ユミさんの駄犬ぶり最初から読むには『駄犬ぶり(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
これまで定期的に会っていたスパンカーの男性がいること
の4点を告白してきました。

私はユミさんにそのスパンカーの男性に逢うことを禁じた上で
この件で最初に相当抵抗したことを彼女に反省させるために
ペナルティとしての命令をを与えました。

ですが、このペナルティがユミさんのダメダメな駄犬ぶり
曝けだす結果となりました。

ユミさんが私の命令を復唱してからは理解できたようで
キチンと2時間ごとに画像が送られてきました。

> ご主人様、画像を送ります。


そして、2時間後に次の画像が送られてきました。

> ご主人様、画像を送ります。
> この後はバイトに行くので送れません。


私はその画像を見て…
(面白味が無いな…)と感じたので
次の命令を与えました。

> 報告はご苦労。だが、画像が面白味に欠けるな。
> バイトから帰ったらオナニーしていい。
> ショーツを穿いたまま上から電マを当てて
> クロッチにもっとマ○コ汁をいっぱいつけた画像を送れ。
> 逝くときに痛みが快感になるように乳首をつねったり
> アナルに指を入れながら逝きなさい。

すると、ユミさんからすぐに返信がきました。

> え!オナニーしてもいいんですか?
> ご主人様、嬉しいです。ありがとうございます。
> バイトも頑張れそうです。

私はその返信を読んで…
(チッ!相変わらずのダメダメな駄犬だな…)と感じながら

> だから、オナニーして画像を撮って送ってこいと書いているだろう。
> 命令として書かれているのだから一度で読んで理解しろ。
> 何度も私に繰り返して訊くな。
> それと、復唱はどうした。

と、淡々としたメールを送り返しました。

> はい。申し訳ございません、ご主人様。
> ご命令は一度で理解するように努めます。
> ご命令の通り、今日は帰ったらオナニーします。
> ショーツを穿いたまま電マを当てて画像を送ります。
> 逝くときは乳首をつねったりアナルに指を入れたりします。

私はその返信を読んで…

> 理解できていればいい。
> 忘れずにやれよ。

と、念押しのメールを送り返しました。

そして、深夜になってユミさんからメールがきました。

> ご主人様、バイトから帰ってきてオナニーをしました。
> 画像を送ります。


私はそのメールを見て…
(やれやれ…。手間のかかる駄犬だな…)
と感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4052-d1d27244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック