FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※ユミさんの駄犬ぶり最初から読むには『駄犬ぶり(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
これまで定期的に会っていたスパンカーの男性がいること
の4点を告白してきました。

私はユミさんにそのスパンカーの男性に逢うことを禁じた上で
この件で最初に相当抵抗したことを彼女に反省させるために
ペナルティとしての命令をいくつか与えました。

ですが、このペナルティがユミさんのダメダメな駄犬ぶり
曝けだす結果となりました。

> ご主人様、バイトから帰ってきてオナニーをしました。
> 画像を送ります。


私はその報告のメールを読んで次の命令を与えました。

> ただ画像を送るだけなら面白味に欠けるだろう。
> オナニーのやり方も指示していたはずだ。
> 「何回逝きました」とか「電マと一緒にアナルを刺激して逝きました」とか。
> せっかく報告するのだからオナニーの内容も報告しなさい。

すると、しばらく経ってユミさんから返信が送られてきました。

> はい。申し訳ございません、ご主人様。
> えっと、今回は4回逝きました。
> 2回目からは乳首をつねったりして刺激を与えて逝きました。
> 3回目はアナルに指を入れてみましたが
> 怖いのと違和感を感じたので気持ちよくはなれず
> 結局、また乳首をつねって逝きました。
> 乳首をつねるのは痛いけど気持ちいいと感じました。

私はそのメールに次の命令を与えました。

> せっかく報告するのだから臨場感が感じられるように
> 今後は丁寧に報告しなさい。
> 明日はどうせ朝のオナニーを我慢できないだろうから、
> 目が覚めたら最初にオナニーして報告しなさい。
> 明日の朝は逝く直前で寸止めして3回逝くのを我慢しなさい。
> オナニーしたら今日と同じように報告しなさい。

すると、ユミさんからすぐに返信のメールがきました。

> はい。かしこまりました、ご主人様。
> 何だかご主人様はお見通しなのですね。
> 明日の朝、オナニーしたくなると思いますので
> オナニーをしたら今日と同じようにご報告します。
> オナニーの時は3回逝くのを直前で止めて我慢します。

そして、翌朝になってユミさんから報告のメールがきました。

> ご主人様、おはようございます。
> いまオナニーをしました。
> 朝で家族もいたので、ドキドキでしたが気持ち良かったです。
> オナニーは逝くのを3回我慢した分、
> いつもよりおま○こ汁がたくさん出てしまいました。
> あと逝く時の快感もいつも以上でとても気持ちよかったです。
> 乳首を抓ったり触るのは気持ちいいですが、
> アナルに指を入れるのはまだ少し違和感があり出来ませんでした…
> パンツから臭ってきて恥ずかしいです…
> はやく替えたいです…

私はその報告のメールを読んで…

> 昨日よりは報告の内容がよくなったな。
> オナニーは逝くのを我慢するほど逝くときの快感が深くなる。
> よく理解しておきなさい。
> ショーツはさすがに臭ってきただろう。
> この後、もう一度オナニーしてショーツにマ○コ汁をつけて
> そのショーツを口にくわえてマ○コ汁の臭いを嗅ぎながら
> オナニーしなさい。

すると、数時間後にユミさんから返信が送られてきました。

> ご主人様、オナニーしましたので、報告させて頂きます。
> 我慢してからいくのはやっぱり気持ち良くて癖になりそうでした。
> アナルを指で触って初めて気持ち良かったです。
> 次はもう少しちゃんと指を入れたいと思います。
>
> ショーツを口に入れてオナニーすると、
> 2回くらいしかいってないのにたくさんヨダレがでてきました。
> すごく臭くて息苦しくて、オエってなったりしましたが、
> ショーツを口に入れるのが初めてだったので興奮しました。


こうして少しずつユミさんに言い聞かせながら命令を与えることで
彼女が時間が掛かりながらもステップアップしているように
感じられるようになりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4053-c0f302b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック