FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※ユミさんの駄犬ぶり最初から読むには『駄犬ぶり(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんと私は年末の挨拶のDMをキッカケにしてやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの愛読者だったことや、
スパンキーとしての願望だけでなく、Mとしてペットになって飼われたい
という『ペット願望』を持っていることを知りました。

そして、『奴隷講座』を読んでもらった上で彼女の意思を確認し
最終的に彼女を新しいペットとして飼うことにしました。

すると、ユミさんは「最初にお話ししておきたいことがあります」と
自分が太っていてコンプレックスを持っていること、
これまで男性経験がないこと、遠距離主従になること、
これまで定期的に会っていたスパンカーの男性がいること
の4点を告白してきました。

私はユミさんにそのスパンカーの男性に逢うことを禁じた上で
この件で最初に相当抵抗したことを彼女に反省させるために
ペナルティとしての命令をいくつか与えました。

ですが、このペナルティがユミさんのダメダメな駄犬ぶり
曝けだす結果となりました。

私がユミさんに下着姿の画像を送ってくるよう命じたところ
ユミさんはアッサリと「イヤです」と断りました。
更に何度も抵抗した上で、最後に…

> でも、今日は友達と出掛けているので何時になるかわかりません。

と、メールを送ってきました。
私はこのメールを読んで、とうとう堪忍袋の緒が切れました。

> 今回は頭にきたのでお説教だ。心して読め。
> お前のメールはイチイチ腹が立つ。
> すべて「嫌」「でも…」「だって…」といった否定の言葉から始まる。
> お前のそういうメールの書き方は人を不愉快にさせる。
>
> 今日のメールもそうだ。
> 「下着姿の画像を送ってこい」と命令したら「イヤです」だ。
> 主従の感覚であれば「嫌ならば去れ。以上終わり」だ。
> ネガティブな口答えにはネガティブな命令を送り返すことになる。
> そう理解しておきなさい。

すると、さすがに叱られてしおらしくなった様子の返信がきました。

> ご主人様、申し訳ございませんでした。
> 自分でも気付かないうちにネガティブなことを書いてしまい
> ご主人様に不愉快な思いをさせてしまいました。
> 反省しています。

そこで私は更に理解させるよう説明のメールを送りました。

> 主従であるならば、本来、ご主人様からの命令というのは
> 従者が「喜んでやる」べきものだ。
> 私の命令は二つ返事で「かしこまりました。喜んでやります」だ。
> その上で「今はこういう理由でできませんが、いつならできます」だ。
>
> 今回のお前のメールのように「嫌です」→
> 「太っているし、下着も可愛くないからです」→
> 「じゃあ、しょうがないから全裸を送ります」だとしたら
> いかにも私の命令をイヤイヤやらされてる感が満載だ。
> そんな態度で画像を送られても、
> お前を「可愛がってやろう」という気持ちにはならない。

その返信を読んでユミさんから消沈した返信がありました。

> そうですね。ご主人様のおっしゃる通りです。
> ご主人様の命令をいやいややっているように感じます。

少しずつユミさんが理解できてきた様子だったので
私はポジティブな方向に気持ちを向けさせるように
続きの解説メールを送りました。

> 結局、画像を送ることになるのなら、
> 私を嫌な気分にさせて送るよりも
>「はい、喜んでやります」と二つ返事で快く答える方が
> 私を喜ばせることもできるし、何倍も可愛がってもらえる。
>
> お前のメールでは、せっかく全裸の画像を送ったのに
> 可愛気がない反抗的でダメな駄犬と思われ損をすることになる。
> どうせ結局全裸画像を送るのだから、最初から快く受け入れて
> 愛されて可愛がられる送り方をしなさい。

そのメール読んでユミさんはやや明るさを取り戻した様子で

> はい。かしこまりました。ご主人様。
> 今後、命令にはネガティブな答えは書かないようにします。

と、返信が送られてきました。
私は今回のお説教の締め括りとして最後のメールを送りました。

> 今回のメールの模範解答を書くなら…
>
>> かしこまりました。ご主人様。
>> 今日は下着が可愛くないので、代わりに全裸の写真を
>> 送らせていただきたいのですが、いかがでしょうか。
>> 今日は友人と外出しています。
>> ○時に帰宅しますので、その後に送信させていただきます。
>
> そう書けば「コイツ、私の命令よりも上を行く回答をしてきた。
> なかなか可愛いヤツだな」と私から思われるだろう。
>
> 今後、メールの返信をする前に「でも」「だって」「イヤ」等の
> ネガティブな言葉を書いていないか確認しなさい。
> もし書いてあったら、その文章が
> 「かしこまりました、ご主人様。喜んで~します」になるように
> 書き直してから送りなさい。

そのメールを読んだユミさんから反省のメールが送られてきました。

> ご主人様、いろいろと教えていただき、ありがとうございました。
> 今日からなおしていけるように努力します。
> ご主人様にメールを送る前にきちんと確認してから送らせて頂きます。
>
> 今後も何か失礼な態度や直すべきことがあれば教えて頂きたいです。
> ご主人様に可愛がって貰えるよう頑張ります。
> 申し訳ございませんでした。

そして、夜になってユミさんからメールが送られてきました。

> ご主人様、今日はご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
> 今後はご主人様の命令は喜んでやらせてもらいます。
> ご主人様に可愛がっていただけるように努力します。

そう書かれたメールには彼女の全裸の画像が添付されていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4055-412448b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック