FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

**************************************************

私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの読者で、
スパンキーとしてお尻を叩かれたいという願望だけでなく
Mとして調教されたいという願望を持っていると告白してきました。

そして、彼女が私のペットとして飼われたいと願い出てきたので
私は遠距離ではありますが彼女を受け入れて
飼育していくことにしました。

そして、メールで毎日叱ったり諭したりしながら彼女を躾けていくと
ある日、深刻そうなメールが送られてきました。

> ご主人様、大変申し訳ありません。
> どうしてもご主人様に言わなければならないことがあります。

私は「なんだよ…」と思いつつも

> 何だ。言いたいことがあるなら構わんから言ってみろ。

と彼女を促すようにメールを送りました。

> 実は、ご主人様に嘘をついてました。
>
> 以前お話ししたスパンカーさんに会わないと約束していましたが
> 結局我慢できずに一度会いに行ってしまいました。
> ご主人様に「ダメ」言われた日に会ってきてしまいました。
> スパンキーとしてお尻を叩かれたいという欲が満たされなくて
> 辛くて耐えられなかったからです。
>
> 何を言っても言い訳だということも分かっています。
> ご主人様に嘘ついてしまったっていう罪悪感に耐えきれず
> 正直に言いました。
>
> でも、ご主人様が心配されるようなことは何もしていません。
> ただお会いしてお仕置きでお尻を叩かれてきただけです。
> ですので、今回だけはご主人様に許していただきたいです。
>
> あともう1つだけご主人様にお願いがあります。
> 最後にもう一度だけそのスパンカーの男性に会うことを
> 許して頂けませんか…?
>
> もうその一度で終わりにします。
> どうか、あと一回会うのを許して下さい。

私はユミさんからのそのメールを読んで、彼女に対する信頼が
ガラガラと音を立てて崩れていくのを感じました。

「あぁ…、コイツは表面上は服従したフリをしながら、
腹の中では服従する気なんかないということなんだな…。
だから、あれだけメールで教えても躾けても従う気もないし、
私の命令も上の空で聞いてるってことなんだな…」


そう頭の中で感じた瞬間、彼女を育てようとか躾けようとか
可愛がってやろうという気持ちが一気に萎んでいきました。

「しかも、その会いに行った日は彼女が家族と喧嘩したと言っていて
さんざんメールで慰めさせられた日だ…。
そんな手の込んだ嘘まで用意して私を騙してたのか…。
何だかコチラが気を使って慰め励ましていたのが
バカバカしく感じてきた…」


そう考えると、彼女の相手をすることに対する徒労感が湧き上がり
彼女にメールの返信をする気持ちも失せました。

「その上、更に、反省するどころか、まだ会いに行くつもりでいる。
よくぞココまで『ご主人様』をコケにできるものだ…」


そう考えると沸々と自分の中に怒りがこみ上げてくるのを感じ、
もう彼女を飼い続ける気持ちは完全に私の中から消失しました。

「正直に言えば何でも許されると思ったら大間違いだ。
表面上は服従したフリをしながら平然と嘘をついて、
私が禁じた命令を破っただけでなく、私を欺こうとした罪は許さん」


私はそう思うとユミさんを捨てることに決め、
彼女に対する失望感と怒りの入り混じった感情を抱えたまま
メールの返信もせず完全放置することとしました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/25(土) 19:09 | | #[ 編集]
ほのかさんへ
コメントありがとうございます。

残念ながら、嘘をつき通そうと彼女がしていたなら
多分、飼うことはできなかったと思います。
2017/02/25(土) 20:20 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4062-23e7998c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック