FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『面従腹背(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの読者で、
スパンキーとしてお尻を叩かれたいという願望だけでなく
Mとして調教されたいという願望を持っていると告白してきました。

そして、彼女が私のペットとして飼われたいと願い出てきたので
私は遠距離ではありますが彼女を受け入れて
飼育していくことにしました。

そして、メールで毎日叱ったり諭したりしながら彼女を躾けていくと
ある日、深刻そうなメールが送られてきました。
それは、私に飼われる前に定期的に会っていたスパンカーの男性と
私に禁止されているにも関わらず、私に嘘をついてまで
会いに行ってきたということでした。

私はユミさんからのその報告を聞いて、怒りと失望感を感じて
彼女を飼うことは無理だと判断したのでした。

翌日の朝になってユミさんから恐る恐るという印象のメールが
私に送られてきました。

> ご主人様、あの、怒ってますか…?
> なんでも罰受けるので今回は許して欲しいです…
> 本当にごめんなさい。

「フン、何が『ご主人様』だ。
嘘をついて騙そうとしてコケにしやがったくせに…」

私はユミさんに対する信頼や愛情が一切消失していたので
何を言われても返信する気持ちはなく、彼女からのメールは
すべて無視して返信はしませんでした。

すると、ユミさんも私から一切のリアクションが無いことで
さすがに私の怒りに気付いた様子でした。
そして、彼女なり言い訳がましいメールを送ってきました。

> ご主人様、今回は本当にごめんなさい。
> ご主人様に飼って頂く前に会っていたスパンカーさんには
> もう会わないとご主人様にお約束していました。
>
> でも、私のなかで、Mとスパンキーの願望はは全く違って、
> Mとして虐められたい欲ばかりのときもあれば
> スパンキーとして叱られたり、お仕置きされたり、
> 構ってちゃんになって甘えたくなったりするのです。
>
> ご主人様のペットとして飼って頂けてから
> Mとしての部分は本当に満たされていていますが
> スパンキーの私が出てきた時が少しつらいです。
>
> ご主人様にスパンカーとして叱られたりお仕置きされたり
> 甘えたりするわけにもいかないので、
> スパンキーとしての欲求が満たされなくて悲しい気持ちになります。
>
> スパンキーの友達がスパンカーさんに会ってお仕置きされたり、
> 叱られたり、甘えさせてもらったという話をきくと
> 羨ましく思って耐えられなくなってしまいます。

私は彼女から送られてきたそのメールを読んで…

「あぁ、もう私は彼女を満たすことが出来ない」

と確信するに至りました。

彼女にはMという被虐願望とスパンキーという願望があり、
その願望は全く別物で、彼女は私に対して…

「ご主人様では私のスパンキーの願望は満たされません」

と書いていたのです。

そのメールを読んで私は…

「だったら満たしてもらえる男に仕えればいい」

と単純且つ純粋にそう感じました。

その想いが前日からの不信感と怒りの感情とに複雑に絡み合い

「もう私は彼女を飼うことはできない」

という確信的な気持ちが固まっていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4063-b911e94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック