FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『面従腹背(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの読者で、
スパンキーとしてお尻を叩かれたいという願望だけでなく
Mとして調教されたいという願望を持っていると告白してきました。

そして、彼女が私のペットとして飼われたいと願い出てきたので
私は遠距離ではありますが彼女を受け入れて
飼育していくことにしました。

そして、メールで毎日叱ったり諭したりしながら彼女を躾けていくと
ある日、深刻そうなメールが送られてきました。
それは、私に飼われる前に定期的に会っていたスパンカーの男性と
私に禁止されているにも関わらず、私に嘘をついてまで
会いに行ってきたということでした。

私はユミさんからのその報告を聞いて、怒りと失望感を感じて
彼女を飼うことは無理だと判断し、彼女に…
「もう飼うつもりはない」というメールを送りました。


私はユミさんからの反省や言い訳のメールが送られてきても
一切返信することなく無視し続けました。

その翌日もユミさんからは何通も反省のメールが送られてきました。

> ご主人様を裏切ってスパンカーさんに会ったことも
> ご主人様に嘘をついたことも本当に後悔しています。
>
> 今後は信用を取り戻せるように行動で示して行きます。
> もし次、私がまた同じことを繰り返したら
> 容赦なく捨ててください。
>
> お願いです、ご主人様。
> もう一度考え直して頂けませんか。

ユミさんからの言い訳を聞けば聞くほど嘘のように感じて
自分の中で彼女に対する信頼や愛情が冷めていくのを感じました。

「悪いが考え直す気はないよ」

私はそう思いながら、彼女のメールには一切返信しませんでした。

その日の夜になって、再びユミさんからメールが送られてきました。

> ご主人様、何度もメールしてごめんなさい。
> ご主人様はきっと私を満たすことができないと考えて
> 私のことを思って私を手放すことにしたのだと思います。
> でも、私はご主人様に手放されてもぜんぜん幸せじゃないです。
>
> 先程、そのスパンカーの男性にもにもメールしてみました。
> そうしたら気持ちが変わって少しは満たされるかも…
> って思ったけど、全然満たされませんでした。

私はそのメールを読んで…

「あぁ…やっぱりその男と切れるつもりは無いんだな」

「表向きは『後悔している』とか『もう会わない』と言いながら
裏では関係を切らないまま隠れて連絡を取り合っているんだな」

と感じて、益々ユミさんへの感情が冷めていくのを感じました。

そのメールを読んで、私は完全にユミさんが『面従腹背』である
と認識し、今後は一切の連絡を絶つことにしました。

「今日はこれから夜にちょっと人と会って飲んで帰るから、
明日の朝、ツイッターでは彼女をアク禁にして
メールは受信拒否に設定しよう」

私はそこまで考えて、その日の帰り道にある人と食事に行きました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4066-b60d80a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック