FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『面従腹背(その1)』まで。

**************************************************

私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

その中で、ユミさんが私のブログの読者で、
スパンキーとしてお尻を叩かれたいという願望だけでなく
Mとして調教されたいという願望を持っていると告白してきました。

そして、彼女が私のペットとして飼われたいと願い出てきたので
私は遠距離ではありますが彼女を受け入れて
飼育していくことにしました。

そして、メールで毎日叱ったり諭したりしながら彼女を躾けていくと
ある日、深刻そうなメールが送られてきました。
それは、私に飼われる前に定期的に会っていたスパンカーの男性と
私に禁止されているにも関わらず、私に嘘をついてまで
会いに行ってきたということでした。

私はユミさんからのその報告を聞いて、怒りと失望感を感じて
彼女を飼うことは無理だと判断し、彼女に…
「もう飼うつもりはない」というメールを送りました。

ですが、その日の夜、私はあるM女性と食事をしにいき、
そこで諭されて考え直し、再びユミさんを飼うことにしました。

私がユミさんに「今回は赦すのでもう一度飼ってやる」と
メールで連絡すると、ユミさんからは嬉しそうな安堵の
メールが送り返されてきました。

そこで私はユミさんの弛んだ考えを引き締めるために
厳しいメールを送りました。

> 言っておくが、今回赦したのは1回目だからだ。
> 「赦した」のであって「信用した」訳ではないので心得ておけ。
>
> お前の今回の「嘘をつく」のと「隠す」という行動パターンを
> 払拭できない限り、私はお前を信用することはできない。
>
> これは人間として持っている考え方の根幹に基づく行動だ。
> つまり、ユミの思考回路の根幹が…
> 「バレなければ嘘をついてもいい」
> 「バレないように隠してしまえばいい」
> という考え方になっているということだ。
>
> 「浮気は治らない病気」であり何度も繰り返してしまうように
> 「嘘をつく」「隠し事をする」のも繰り返してしまうものだ。
> 何故なら、それを平気で出来るのがその人の人間性の根幹だからだ。
>
> そういう相手を欺くことが平気な人間を飼うことはできないし
> 育てようとも可愛がろうとも思わない。
>
> 今のユミはその状態だ。
> 今後、可愛がられたいとか育てられたいとか望むなら
> お前が私に信用してもらえるように努力しろ。
> それも、上辺だけの言葉ではなく行動で示せ。

すると、ユミさんからは浮かれ気分がすっかり消えた様子の
メールが送られてきました。

> はい。かしこまりました、ご主人様。
> 嘘もついて裏切るようなことしてごめんなさい。
>
> 本当に今回は反省しています。
> 二度とこのようなことをしないと誓ってお約束します。
> もう絶対にそのスパンカーさんと会わないとも言い切れます。
>
> ご主人様に信用していただいて可愛がっていただけるように
> これからは一生懸命努力します。

そこで私はユミさんに追い打ちを掛けるように
厳しい命令を与えました。

> お前の言い分はわかった。
> だが、私はお前の口先だけのメールの面従腹背を信用できん。
> 私が信用できるように行動で示せ。

すると、しばらくして、ユミさんからメールが届きました。

> ご主人様にご迷惑を掛けたお詫びとして
> ツイッターの固定ツイートで反省文を上げておきました。
> ご主人様にご確認いただければと思います。

私がユミさんのツイッターの画面を開くと
固定ツイートで一番上に以下のような反省文が上がっていました。

> ご主人様にお許しいただき再び飼っていただける事になりました。
> ご主人様に隠し事をした上に嘘をついてしまい、深く反省しています。
> 今後はこのような事を二度と起こさない事を誓います。
> 今回と同様の事をしてしまった場合、
> ご主人様から如何なる処遇を受けても抗弁せず受け入れる事を誓います。

そして、しばらくして再びユミさんからメールが届きました。

> もう二度とそのスパンカーの男性と会わないことを誓うため
> そのスパンカーのアカウントをブロックしました。
> 彼とは今後、二度と連絡を取りませんし会うこともありません。

そう書かれたメールには、その男性をブロックした
スクリーンショットの画像が添付されていました。

ユミさんなりに必死に私の信用を取り戻そうとする行動を
彼女は1つずつ示し始めました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4069-9fad9b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック