FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めてのお仕置き(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

ユミさんは私とのDMとメールのやり取りを続けていく上で
スパンキーとして、またMとして私に飼われたいと望むようになり
私も彼女を受け入れてペットとして飼うことにしました。

そして、私はユミさんをメールで叱ったり教え込んだりしながら
ペットとして躾け始めました。

そんな中、ユミさんは私が禁じていたにも関わらず
嘘をついて他のスパンカーの男に会いに行き
私にそれを隠していました。

私は最終的に今回に限ってユミさんを赦し再び飼うことにしました。
その上で、今回の罰として月末に直接逢うことにして、
その際にお仕置きとしてスパンキングすることにしました。

お仕置き当日、ホテルの部屋に到着したユミさんを
ソファに座らせ、私は彼女と向かい合うように座り、
彼女に反省を促すようお説教をしました。

彼女は涙ながらに反省すると、
「今後は絶対に優先順位を間違えません。
ご主人様に嘘も隠し事も二度と致しません」
と言いながら床に平伏して私に赦しを乞いました。

私は平伏するユミさんの後頭部を踏みつけながら
繰り返し反省の言葉を言わせました。

私はユミさんの後頭部を更に強く踏みつけながら
「今日は何をしに来たのかちゃんとわかっているか?」
と、冷たい声で訊ねました。

「はい。お仕置きを受けにきました」
ユミさんは頭を踏みつけられたままか細い声で答えました。

「何でお仕置きを受けることになったか言ってみろ」
私が更に後頭部をグリグリと踏みつけながら訊ねると…
「はい、私は優先順位を間違えたからです。
その上、ご主人様に嘘をついて隠し事をしたからです」
と嗚咽混じりの声でユミさんは答えました。

「じゃあ、お仕置きしてやるからお仕置きの格好をしろ」
私は彼女の頭から足を下ろしながらそう命じました。

ユミさんはそう言われて頭を起こすと泣き腫らした目で
私を見つめました。

「なんだ?嫌なら帰ってもいいんだぞ」
私が冷たくそう言い放つと、ユミさんは突然我に返った様子で
「ごめんなさい、ご主人様。嫌じゃないです」
と言って膝立ちの状態になりました。

そして、羞恥心と葛藤するようにモジモジと躊躇して
黙って俯いていました。

「嫌なら帰れと言っている」
私がその羞恥心を打ち砕くように強い口調で言いきると
「はい、ごめんなさい、ご主人様。嫌じゃないです」
と慌てた様子で答えてスカートを捲りショーツとストッキングを
膝まで降ろしました。

「お前がお仕置きされたいんだろ。サッサとしろ」
私が更にユミさんを追い詰めるように言うと
彼女は深くため息をついてから私に背を向けました。
そして、四つん這いの格好になってスカートを捲り上げ、
お尻を露出させました。

「ホラ、何か言うことがあるだろ…」
私は冷酷にそう言うと、ユミさんのお尻を軽く蹴りました。

「あううっ…申し訳ございません、ご主人様…。
あの…、ユミはご主人様の優先順位を間違えてしまいました。
ご主人様に嘘をついて隠し事をしてしまいました。
私はご主人様にとても失礼なことをしてしまいましたので、
ご主人様からお仕置きをしていただきたいです…」
と声とお尻を小刻みに震わせてそう言いました。

私はその言葉をキッカケにして、躊躇も容赦もなく、
力一杯右手をユミさんのお尻めがけて振りおろして
平手で叩きました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4080-9cf8fe95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック