FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めてのお仕置き(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

ユミさんは私とのDMとメールのやり取りを続けていく上で
スパンキーとして、またMとして私に飼われたいと望むようになり
私も彼女を受け入れてペットとして飼うことにしました。

そして、私はユミさんをメールで叱ったり教え込んだりしながら
ペットとして躾け始めました。

そんな中、ユミさんは私が禁じていたにも関わらず
嘘をついて他のスパンカーの男に会いに行き
私にそれを隠していました。

私は最終的に今回に限ってユミさんを赦し再び飼うことにしました。
その上で、今回の罰として月末に直接逢うことにして、
その際にお仕置きとしてスパンキングすることにしました。

お仕置き当日、ホテルの部屋に到着したユミさんを
ソファに座らせ、私は彼女と向かい合うように座り、
彼女に反省を促すようお説教をしました。

彼女は涙ながらに反省すると、
「今後は絶対に優先順位を間違えません。
ご主人様に嘘も隠し事も二度と致しません」
と言いながら床に平伏して私に赦しを乞いました。

私はお仕置きとして、ユミさんを四つん這いにさせ
ショーツとストッキングを膝まで下ろしてスカートを捲り
お尻を突き出させた格好で平手打ちを与えました。

私がユミさんのお尻を平手で叩くとバシーンという皮膚の
弾けるような強烈な音が部屋中に響きました。

「ぐううっ!」
ユミさんは言葉にならないような苦悶の呻き声を上げて
身体を苦痛と恐怖でブルブルと震わせて始めました。

私はそれでも容赦なく…
「ホラ、何か言うことがあるだろうが…」
と冷酷に言って彼女のお尻を足で軽く蹴って促しました。

「あうう…ううう…」
ユミさんは強烈な痛みと熱と痺れとで言葉を発することができず
ただ必死に呻き声を上げて耐えていました。

「ホラッ!黙ってないで何とか言えっ!」
私はそう言うと再びユミさんのお尻を平手打ちしました。

「はぐうっ!」
ユミさんは背中を仰け反らせて激しい呻き声を上げると
お尻をブルブルと震わせて必死に耐えていました。
彼女の真っ白で滑らかなお尻の皮膚は見る見る紅潮していき
真っ赤な手形が浮かび上がりました。

「ホラ…、何か言うことがあるだろうが…」
私はそう促しながら再び足先で彼女のお尻を小突くように
何度も蹴りました。

「ううう…、ご主人様…ご、ごめんなさい…。
もう絶対に…絶対に…優先順位は…間違えません…。
もう二度と…嘘をついたり…隠し事は致しません…」
ユミさんは涙声を震わせながら絞り出すように言いました。

「わかったか…」
「はい、わかりました…。誓ってお約束します…」
「反省してるのか?」
「はい、心の底から反省しています…」
「今日は反省するために何をしに来た?」
「ううう…ご主人様のお仕置きを受けにきました…ううう…」
「じゃあ、どんなお仕置きを受けるんだ?」
「ううう…お尻を…お尻を叩いて下さい。お願いします…」

私はユミさんの反省の言葉を聞くと、再び躊躇も容赦もなく、
力一杯右手を彼女に臀部に振り降ろしました。

バシーンという強烈な破壊音が部屋中に響き渡ると
「あぐうっ!」というユミさんの絶叫が部屋に響きました。

そして強烈な痛みに耐えきれなくなったユミさんは
床に崩れ落ちて泣き出してしまったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4081-3eda4d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。