FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めてのお仕置き(その1)』まで。

**************************************************

私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

ユミさんは私とのDMとメールのやり取りを続けていく上で
スパンキーとして、またMとして私に飼われたいと望むようになり
私も彼女を受け入れてペットとして飼うことにしました。

そして、私はユミさんをメールで叱ったり教え込んだりしながら
ペットとして躾け始めました。

そんな中、ユミさんは私が禁じていたにも関わらず
嘘をついて他のスパンカーの男に会いに行き
私にそれを隠していました。

私は最終的に今回に限ってユミさんを赦し再び飼うことにしました。
その上で、今回の罰として月末に直接逢うことにして、
その際にお仕置きとしてスパンキングすることにしました。

お仕置き当日、ホテルの部屋に到着したユミさんを
ソファに座らせ、私は彼女と向かい合うように座り、
彼女に反省を促すようお説教をしました。

彼女は涙ながらに反省すると、
「今後は絶対に優先順位を間違えません。
ご主人様に嘘も隠し事も二度と致しません」
と言いながら床に平伏して私に赦しを乞いました。

私はお仕置きとして、ユミさんを四つん這いにさせ
ショーツとストッキングを膝まで下ろしてスカートを捲り
お尻を突き出させた格好で平手打ちを与えました。

ユミさんは私の力一杯の平手打ちを3発臀部に受けました。
バシーンという皮膚の弾ける音とともに強烈な痛みが走り
見る見る熱を帯びた滑らかな皮膚は真っ赤に紅潮していきました。

そしてユミさんは呻き声を上げながら痛みと恐怖で身体を震わせ
床に崩れ落ちました。

「ホラ、何してるんだよ…」
私は冷酷にそう言いながら、椅子に座ったままユミさんのお尻を
グリグリと踏みつけました。

「ううう…ごめんなさい…。ご主人様、ごめんなさい…」
ユミさんは泣きながら必死に赦しを乞いました。

「ホラ、言うことがあるだろうが…」
私は再びそう言うとユミさんのお尻を蹴りました。

「あうううっ…ご主人様、ごめんなさい…。
もう絶対に優先順位を間違えたりしません。
二度と嘘をついたり隠し事をしたりしません…」
ユミさんは泣きながら必死にそう答えました。

「今日は何をしに来たんだ?言ってみろ…」
私は再びユミさんのお尻を蹴って答えを促しました。
「ううっ…、ご主人様のお仕置きを受けにきました…」
ユミさんは泣きながら絞り出すようにそう答えました。

「じゃあ、お仕置きされる格好になれ」
私がそう促すと、ユミさんは
「ううう…かしこまりました、ご主人様…」
と辛うじて答えて、再び四つん這いでお尻を突きだしました。

「ホラ、言うことがあるだろうが…」
私はそう言って再び彼女のお尻を蹴って催促すると…
「あうっ…、ご主人様、申し訳ございません…。
ご主人様、罰として…お仕置きを…お願いします…」

私はその彼女の言葉を受けて再びお尻を平手打ちしました。
再度部屋中にバシーンという強烈な音が響き、私の手にも
強い衝撃と熱が感じられました。

「あぐううっ!」
ユミさんは絶叫を圧し殺したように低い呻き声を上げて
襲い来る衝撃と痛み、熱と痺れに必死に耐えている様子でした。

「ホラ、反省はどうした?」
私は震えるユミさんのお尻を再び蹴って促すと、彼女は…
「ううう…ご主人様、申し訳ございません…。
もう絶対に優先順位を間違えたりしません…。
今後は二度と嘘をついたり隠し事をしたり致しません…」
と泣きながら答えました。

「ホラ、まだ言うことがあるだろうが…」
私は更にユミさんのお尻を蹴って催促すると…
「はい、ご主人様、申し訳ございません…。
ご主人様…、罰として…お仕置きを…、お願いします…」
と、ユミさんは嗚咽混じりに答えました。

「フン、そんなにケツを叩かれたいなら叩いてやるよ!」
私はそう言うと立て続けに数発、ユミさんのお尻を
力一杯平手で叩きました。

「あうっ!あおっ!うぐうっ!ぎゃああっ!」
ユミさんは叩かれた皮膚の破壊音に合わせるように
断末魔のような悲鳴を上げると再び床に崩れ落ちました。
そして全身を苦痛と恐怖で震わせながら激しく嗚咽していました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4082-d24bfd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック