FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めてのお仕置き(その1)』まで。

**************************************************

私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

ユミさんは私とのDMとメールのやり取りを続けていく上で
スパンキーとして、またMとして私に飼われたいと望むようになり
私も彼女を受け入れてペットとして飼うことにしました。

そして、私はユミさんをメールで叱ったり教え込んだりしながら
ペットとして躾け始めました。

そんな中、ユミさんは私が禁じていたにも関わらず
嘘をついて他のスパンカーの男に会いに行き
私にそれを隠していました。

私は最終的に今回に限ってユミさんを赦し再び飼うことにしました。
その上で、今回の罰として月末に直接逢うことにして、
その際にお仕置きとしてスパンキングすることにしました。

お仕置き当日、ホテルの部屋に到着したユミさんを
ソファに座らせ、私は彼女と向かい合うように座り、
彼女に反省を促すようお説教をしました。

彼女は涙ながらに反省すると、
「今後は絶対に優先順位を間違えません。
ご主人様に嘘も隠し事も二度と致しません」
と言いながら床に平伏して私に赦しを乞いました。

私はお仕置きとして、ユミさんを四つん這いにさせ
ショーツとストッキングを膝まで下ろしてスカートを捲り
お尻を突き出させた格好で平手打ちを与えました。

私がユミさんのお尻を平手でスパンキングし続けると、
最後にユミさんは両手を自分のお尻に回して私を遮って…
「ご主人様、もう無理です。もう許して下さい」
と泣きじゃくりながら必死に赦しを乞いました。

「フン、もうギブアップかよ。だらしねぇな…。
スパンカーの男にケツ叩かれて喜んでたんじゃねえのかよ」
私はそう言いながらユミさんの爛れたお尻の皮膚を踏みました。

「ご主人様、申し訳ございません…。
もう無理です…。ご主人様の平手打ちは痛すぎます。
今まで経験してきた痛みと比較にならないほど痛いです…。
もうこれ以上は無理です。許して下さい。お願いします…」
ユミさんはそう言って号泣しました。

「根性ねぇな。だが、それで許してもらえると思うなよ」
私の言葉にユミさんは驚きと恐怖を浮かべた表情で
私を見つめました。

「やめて下さいって言われてやめるヤツはSじゃないんだよ。
どんな罰も受けるんだろうが、あん?」
私は冷酷にそう言いながら椅子から立ち上がりました。
私の有無を言わせない高圧的な態度を見て、
ユミさんの表情から見る見る血の気が引いていきました。

「ホラ、まだお終わってねぇんだよ。
今日は何しに来たのか、ちゃんと言ってみろ」
「あ、あ、あ…あの…ご主人様…許して下さい…。
本当にごめんなさい。心の底から反省しています…。
本当に…もう無理です…。許して下さい、ご主人様…」
ユミさんは蒼白になった表情で怯えながら答えました。

「お仕置きだろう。どんな罰でも受けるんだろう。
サッサとケツを出せと言っている」
私はユミさんの言葉を無視するように上から見下ろして
有無を言わせない態度で命じました。

「あ、あ、あの…。本当に…本当に…ごめんなさい…。
お願いします…。もう許して下さい…。
本当に…もう無理です…。ご主人様、許して下さい…」
私はユミさんの命乞いのような言葉を無視すると
スカートのベルト部分を掴んで四つん這いにさせました。
そして、後ろ向きに馬乗りになるとスカートを捲って
再びお尻を平手打ちしました。

「ぎゃああっ!痛いーっ!助けてぇっ!いやあああっ!」
ユミさんは狂ったような絶叫を上げました。

「やかましいっ!」
私はそう怒鳴り付けながら更にお尻を平手打ちしました。

「あぐっ!ごめんなさいっ!ご主人様、ごめんなさいっ!。
もう絶対に嘘をついたり隠し事をしたりしませんっ!
だからもう許して下さいっ!」
私は泣きじゃくりながら必死に赦しを乞うユミさんを無視して
更に何度も何度も平手打ちを与え続けました。

バシーン、バシーンという強烈な皮膚の弾ける音に合わせて
ユミさんは泣きながら…
「ひいっ!ご主人様、ごめんなさい!」
「あぐうっ!ご主人様、本当に反省しています!」
「ぎゃあっ!ご主人様、絶対に嘘も隠し事もしません!」
「あぐうっ!ご主人様、もう無理です。許して下さい!」
と叫び続けました。

そして、力尽きたように床の上にうつ伏せに崩れ落ちても
私は馬乗りになったまま彼女のお尻を叩き続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4086-8ec1dadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック