FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めてのお仕置き(その1)』まで。

**************************************************

私は2016年の年末からユミさんとのDMのやり取りを始めました。

ユミさんは私とのDMとメールのやり取りを続けていく上で
スパンキーとして、またMとして私に飼われたいと望むようになり
私も彼女を受け入れてペットとして飼うことにしました。

そして、私はユミさんをメールで叱ったり教え込んだりしながら
ペットとして躾け始めました。

そんな中、ユミさんは私が禁じていたにも関わらず
嘘をついて他のスパンカーの男に会いに行き
私にそれを隠していました。

私は最終的に今回に限ってユミさんを赦し再び飼うことにしました。
その上で、今回の罰として月末に直接逢うことにして、
その際にお仕置きとしてスパンキングすることにしました。

お仕置き当日、ホテルの部屋に到着したユミさんを
ソファに座らせ、私は彼女と向かい合うように座り、
彼女に反省を促すようお説教をしました。

彼女は涙ながらに反省すると、
「今後は絶対に優先順位を間違えません。
ご主人様に嘘も隠し事も二度と致しません」
と言いながら床に平伏して私に赦しを乞いました。

私はお仕置きとして、ユミさんを四つん這いにさせ
ショーツとストッキングを膝まで下ろしてスカートを捲り
お尻を突き出させた格好で平手と木の杓文字で打ち据えました。

ユミさんは木の杓文字で何度もお尻を打ち据えられると
「ぎゃあっ!あっ!ああーっ!ひいいっ!」
と断末魔のような叫び声を上げて狂ったように暴れました。

私は彼女に馬乗りになったままま抑え込んで動きを封じると
容赦なく何度も杓文字を振り下ろして打ち据えました。
そのたびにバシーン、バシーンという激しい打撃音が部屋に響き
それに合わせて阿鼻叫喚の絶叫が部屋に響きました。

「ご主人様っ!もう無理ですっ!もうダメですっ!許して下さいっ!」
ユミさんはとうごう耐えられず、両脚をバタつかせて身体を捩り
必死に殴打から逃れようとしました。

「フン、もうギブアップか…」
「はい。もう無理です。もう許して下さい…。ごめんなさい…」
ユミさんは号泣し、嗚咽で声を詰まらせながら必死に答えました。

「これで懲りただろう…」
「はい。もう懲りました。もう絶対に…ご主人様に逆らいません…。
 優先順位も間違えずに必ず守ります…。
 嘘も隠し事も絶対に致しません。誓ってお約束します…。
 ですから…ですから…もう…許して下さい…お願いします…」
ユミさんの脱力した哀訴する泣き声が部屋に響きました。

「フン、わかればいいんだよ。もう二度と私に逆らうなよ。
 お尻ペンペンごっこのお仕置きと主従の懲罰は違うんだ。
 よく心得ておけよ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…。
 こんなに厳しいお仕置きを受けるとは思っていませんでした…。
 もう絶対に…二度と…ご主人様には逆らいません…。
 ご主人様には…絶対服従しますので…お許し下さい…」
ユミさんは泣きながらそう言って許しを乞いました。

私はそう言いながら、彼女に後ろ向きの馬乗りになったまま
紫色に変色して皮膚の爛れて血の滲んだ臀部の皮膚を
ゆっくり撫でていきました。

そして、腫れ上がった臀肉の双丘を両側に開いて、
彼女の秘部を曝け出すと、白く泡立った女性の粘液が
ネットリと溢れ出ていました。

私はその粘液を指ですくって彼女の熱を帯びたお尻に
こすりつけると…
「ユミはケツを叩かれながら、これだけマ○コ汁を出してたんだな。
 ケツを叩かれて痛いと泣き叫びながらマ○コを濡らして、
 お前は変態のマゾだな…」
と嘲り笑いながらユミさんに言い放ちました。

「あぁ…申し訳ございません、ご主人様…
 私はお尻を叩かれて興奮してオマ○コを濡らしてしまう…
 変態のマゾ女です…ううう…」
ユミさんは羞恥心で消え入りそうな声でそう答えると
痛みと恐怖と羞恥で身体を床に蹲らせたまま震えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4096-6beade0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック