FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

**************************************************

2016年末からメールのやり取りを始めた私とユミさんは
2017年初頭から彼女の志願を受けてペットとして飼うことになりました。

遠距離でなかなか逢えない中、1月の下旬に私が出張を入れ
彼女の住む街で逢うこととなりました。

その日はユミさんが私の命令を破って、私に嘘をついた上で
スパンカーの男に逢いに行き調教を受けてきたことから
初めてのお仕置きを与えて、今後の絶対服従を誓わせました。

ユミさんのお尻は私の平手打ちと木の杓文字によるお仕置きを受け
紫色に腫れ上がり、皮膚はただれ、裂けた皮膚からは血が滲み、
彼女は床にうずくまって痛みと恐怖に震えながら嗚咽していました。

それだけの痛みと恐怖を味わいながらも、ユミさんの秘所からは
大量に白濁した粘液が溢れ出て、そのメス特有の匂いが充満し
彼女の性的な興奮が高まっているのが強く感じられました。

「ホラ、いつまでも泣いてるんじゃねぇよ…」
私は馬乗りになった状態から立ち上がると、ユミさんの腫れ上がった
お尻の肉を軽く蹴りつけました。

「あううっ…ごめんなさい、ご主人様…ごめんなさい…」
ユミさんは壊れたレコードのように泣きながら謝罪を繰り返しました。

「ホラ、次はお前がして欲しいと言っていたことをするんだよ。
 だからいつまでもダラダラしていないでサッサと起きろ」
私はそう言いながらうつ伏せに横たわるユミさんの脇腹を蹴り
起き上がるよう催促しました。

「ううっ!は、はい…ごめんなさい、ご主人様…」
ユミさんは私に促されると脱力した身体をヨロヨロと起こしました
そして虚ろな視線を泳がせて私を茫然と見つめました。

「じゃあ、服を脱げ…」
私はそう命じましたがユミさんは呆然としたままいました。

「ホラッ!しっかりしろっ!服を脱ぐんだよっ!」
私がそう言ってユミさんの頬を平手で叩くと、
「あうっ!申し訳ございません、ご主人様…」
と我に返った様子でヨロヨロと立ち上がって服を脱ぎ始めました。

そして羞恥と躊躇を繰り返しながら、時間をかけてゆっくりと
すべての服を脱ぎ捨てて全裸になりました。

「脱いだらここにきて座れ」
私が再びビジネスデスクの椅子に座って彼女を目の前の床に
座るように誘いました。
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
ユミさんは目に涙を浮かべて恐怖の表情のまま私の前に来て
床にゆっくりと正座しました。

「ホラ、コレをつけてやるから顎を上げろ」
私はそう言って首輪を取り出すと、ユミさんにそう命じました。

「あ、はい、ありがとうございます、ご主人様…」
ユミさんはやっと恐怖から逃れた安心感と、望んでいた首輪の喜びで
少し表情を和ませました。
私はゆっくり彼女の首に首輪を嵌めると、チェーンリードをつけて
彼女の首輪からぶら下げました。

ユミさんは初めての首輪とチェーンリードの冷たい感触に
嬉しそうな表情を浮かべました。
恐怖と苦痛で蒼白だった表情にやや赤みがさし、
生気が戻ってきた様子が感じられました。

「お前が前から着けたいと言っていた首輪だ。嬉しいか?」
私がユミさんを見下ろしながらそういうと、
「あ、はい。嬉しいです。ご主人様…。
 やっとご主人様のペットにしていただけた気がします…」
と、はにかんだような微笑みを浮かべて彼女は答えました。

「よし、今日からはペットとして可愛がってやるから、
 お前も忠犬になれるように一生懸命努力して奉仕しろ。
 今までのようなダメ犬だったらまたお仕置きして躾けるからな」
「はい、かしこまりました。一生懸命ご奉仕して忠犬になります。
 ですので、これからも可愛がってください」
ユミさんは素直にそう答えて、仔犬のようなつぶらな瞳で
私をまっすぐに見つめました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4099-7721eb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。