FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めての緊縛(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


2016年末からメールのやり取りを始めた私とユミさんは
2017年初頭から彼女の志願を受けてペットとして飼うことになりました。

遠距離でなかなか逢えない中、1月の下旬に私が出張を入れ
彼女の住む街で逢うこととなりました。

その日はユミさんが私の命令を破って、私に嘘をついた上で
スパンカーの男に逢いに行き調教を受けてきたことから
平手打ちと木の杓文字によるスパンキングのお仕置きを与えて、
今後の絶対服従を誓わせました。

その上で、私はユミさんに全裸になることを命じて首輪を嵌め
赤い綿紐で胸を強調する形で縛り上げると、
ベッドに上がらせて彼女の両脚を大きく開かせ電マで責めて
初めての絶頂を与えました。

「なんだ、もう逝ったのか?」
私がそう訊ねると、ユミさんはハァハァと激しく呼吸したまま
呆然としてグッタリと脱力していました。

「オラッ!逝ったのかって訊いてるんだよっ!」
私はユミさんの爛れたお尻を再び叩いて催促しました。

「はうっ!は、はい…ごめんなさい…逝きました…ハァハァ…」
ユミさんは苦痛を与えられて我に返った様子でそう答えると
痛みを必死に耐えている様子でした。

「逝く時はちゃんとそう言え、わかったか!」
私はそう言って再び彼女の爛れた臀部を平手打ちしました。
「はううっ!はい、ごめんなさい。かしこまりました、ご主人様」
ユミさんは私にそう答えると涙を浮かべて私を見つめました。

「フン、簡単に逝きやがって、だらしねぇな…」
私はそう言いながら再び電マを彼女の秘所全体に押し付け
振動刺激を与えました。

「あっ!ああっ!ああーっ!」
ユミさんは再び絶叫を上げながら身体をビクビクと硬直させ
快楽の波に飲まれていきました。

「オラッ!気持ちいいならそう言えって言ってるんだよっ!」
私は再び彼女の弱り切った臀部の皮膚を平手打ちしました。

「ひいいっ!ごめんなさい…、ご主人様、ごめんなさい…。
 気持ちいいですっ!オマ○コ、気持ちいいですっ!ああーっ」
ユミさんは快楽と苦痛の入り混じった感覚に飲み込まれて
叫び声を上げながら全身を痙攣させ続けました。

「フン、マ○コ気持ちいいのか、オラッ!オラアッ!」
私はそう言いながら更に彼女の秘所をグリグリと刺激し、
彼女の秘核を包む包皮を剥いて充血した粘膜に押し当てました。

「あっ!あああっ!ダメッ!ああーっ!逝きますっ!
 ご主人様、ダメですっ!逝っちゃいますっ!あおおーっ!」
ユミさんは断末魔の叫び声を上げながら全身を痙攣させると
背中を仰け反らせながら激しく震えて一気に頂点へと
昇り詰めて行って、脱力して落ちました。

「フン、逝ったようだな」
「ううう…はい、逝きました…ハァハァ…」
「フフン、淫乱の変態マゾ女はまだいけるだろう…」
私はユミさんの様子を見ながら、電マの振動を強に切り替え
再びグリグリと彼女の淫核を刺激しました。

「ああーっ!ダメ、ダメエッ!ご主人様、ダメですっ!
 ああっ!もうダメ!また逝きますっ!逝きますうっ!」
ユミさんは絶叫すると再び絶頂に昇り詰めて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4102-6b71313f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック