FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『初めての緊縛(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


2016年末からメールのやり取りを始めた私とユミさんは
2017年初頭から彼女の志願を受けてペットとして飼うことになりました。

遠距離でなかなか逢えない中、1月の下旬に私が出張を入れ
彼女の住む街で逢うこととなりました。

その日はユミさんが私の命令を破って、私に嘘をついた上で
スパンカーの男に逢いに行き調教を受けてきたことから
平手打ちと木の杓文字によるスパンキングのお仕置きを与えて、
今後の絶対服従を誓わせました。

その上で、私はユミさんに全裸になることを命じて首輪を嵌め
赤い綿紐で胸を強調する形で縛り上げると、
ベッドに上がらせて彼女の両脚を大きく開かせ電マで責めて
連続的に絶頂を与え、快楽責めにしました。

ユミさんは繰り返し連続的にエクスタシーを与えられたことで
体力の限界に達した様子でベッドに脱力すると、虚ろな表情を浮かべ
ハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

数えきれないほどの絶頂へ達して完全に茫然自失のユミさんをみて
(この辺が潮時か…)
と感じた私は、ユミさんへの刺激を終わらせました。

そして後ろ手の拘束を解くと両手を自由にしてやりました。
そして立ち上がってベッドを降り、ユミさんもリードを引っ張って
ベッドから引きずり下ろしました。

「あああ…」
ユミさんは脱力して力なく呻き声を上げると、無様にベッドから落ち
床に横たわりました。

「ホラ、服を着ろ」
私はそう言ってユミさんのお尻を蹴って促しました。
「あううっ…服を…着るんですか…」
ユミさんは茫然とした様子で私を見上げながら訊ねました。

「そうだよ。同じことを言わせるな。サッサと服を着ろ」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
ユミさんはやっと理解したようにヨロヨロと起き上がると
下着を手に取って服を着ようとしました。

「犬に下着はいらないだろう。そのまま着ろ」
私は自分も衣服を整えながら、ユミさんに冷淡に命じました。

ユミさんは少し躊躇した様子でしたが…
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と答えて、緊縛された姿の上から着てきた服を身に着けました。

「服を着たら食事に行くぞ」
私はそう言うと出掛けるためのコートを身にまといました。
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
ユミさんは私に言われて同じようにコートを着て靴を履き
出掛ける準備を整えました。

そして、私たちは近所の居酒屋へ行き、食事をすることにしました。



食事をしている最中も、ユミさんはずっと…
「何だかノーパンとノーブラで食事をするのは恥ずかしいです」
と困ったような嬉しそうな表情をしていました。

私はその様子を見ながら、羞恥プレイを楽しみつつ
食事をしたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4108-47bdbd33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック