FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を宛がい
ゆっくりと彼女の中に押し入っていきました。

「アアッ!くうっ!い、い、い…痛いっ…ううっ!」
ユミさんは苦痛に顔を歪めて顔を左右に振りながら抗いましたが
最後には諦めて、膣を押し広げられる激痛に耐えながら
私を最後まで受け入れていきました。

「ホラ、入ったぞ…」
私がそう言うと、ユミさんは苦痛を逃がすように
浅く早い呼吸しながら…
「はい、ご主人様…」
と涙交じりの声でそう答えました。

「じゃあ動かすぞ…」
私はそう言うと腰をゆっくと引いて肉竿を抜いていきました。

「あうう…、くっ…、ううう…」
ユミさんはまだ硬い内壁の粘膜で肉竿の動く感覚を感じると
呻き声を上げながら必死に鈍痛に耐えている様子でした。

私が自分の分身の肉槍を引き抜くと破瓜の鮮血にまみれて
その秘孔からは血の滲んだ粘液が溢れ出てきました。

そして、私は再び肉棒を彼女の身体の奥へとゆっくり
押し込んでいきました。

「くっ…、ううっ…、痛いっ…、ううう…」
ユミさんはまだ馴染まない粘膜を強く押し広げられた状態で
震えながら再び襲ってきた苦痛に耐えていました。

「ほら、もっと力を抜くんだよ。それじゃ痛いままだぞ」
私はユミさんの頭を小突きながらそう言うと…
「ううう…ごめんなさい、ご主人様…。でも…痛いです…」
と、ユミさんは泣きながら答えました。

「最初は痛いんだから仕方ないだろう。我慢しろ」
「はい、ごめんなさい、ご主人様…ううう…」
ユミさんは私に言われて歯を食いしばるようにして
必死に痛みに耐えている様子でした。

「そうだ。そのまま我慢してろよ。で、もっと力を抜け」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
私の言葉にユミさんは従うように全身の力を抜きました。

私はそれに反応して彼女の膝を持って屈曲姿勢を取らせて
両脚を大きく開かせました。
そして、私自身の肉塊を彼女の一番奥に届くように
強く押し込んでいきました。

「あううっ!…くうっ…ううう…」
ユミさんは膣粘膜の感触を感じ取ると悲鳴をあげて
身体を小刻みに震わせました。

「ホラ、抵抗するなよ…」
私はそう言いながらユミさんの身体を強く押さえ込んで
ゆっくりと腰を前後律動させ肉棒を抽挿させ始めました。

「あっ!くうっ!ううっ!あううっ!」
ユミさんは苦痛に歪めたような表情を浮かべながら
私の肉槍が彼女の身体の奥に突き刺さるたびに声を上げました。

私は彼女の苦痛に歪んだ表情を見下ろしながら
サディスティックな興奮が高まるのを感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4122-078a3923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック