FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を宛がい
ゆっくりと彼女の中に押し入っていきました。

「アアッ!くうっ!い、い、い…痛いっ…ううっ!」
ユミさんは苦痛に顔を歪めて顔を左右に振りながら抗いましたが
最後には諦めて、膣を押し広げられる激痛に耐えながら
私を最後まで受け入れていきました。

「あっ!くうっ!ううっ!あううっ!」
ユミさんは苦痛に歪めたような表情を浮かべながら
私の肉槍が彼女の身体の奥に突き刺さるたびに声を上げました。

「何だ?。痛いのか?。我慢しろ」
「ううう…、はい、ご主人様…」
ユミさんは私に言われて涙を浮かべながら答えました。

「いいか、力を入れるなよ…」
私はそう言うと彼女の両膝を掴んで屈曲姿勢を取らせ、
私の肉竿が一番奥まで届くように押し込みました。

「あっ…くうっ…ううっ…」
ユミさんは奥まで固い粘膜を押し広げられる感覚に
苦悶の呻き声を上げました。
私はそれでも容赦することなく腰を前後に律動させ続け
肉槍で彼女の女芯の一番奥の部分を突き上げました。

「あうっ…くううっ…くふうっ…ううう…」
ユミさんは身体の奥に固い肉塊が押し込まれるのを感じると
痛みに身体を硬直させながら呻き続けました。
そして、その身体の硬直に合わせるように膣粘膜が締め上がり
私の肉槍に強く食いついてくる感覚になりました。

「フフフ…、さすがに固くて締まりがいいぞ…」
私は未通女の狭隘な肉道の締め付ける感覚を楽しみながら
前後の律動を繰り返し、肉棒に与えられる女肉の感覚を
堪能し続けました。

「ううっ…はうう…くううっ…あうう…」
ユミさんは涙交じりの声を漏らしながら、
体内を蹂躙される感覚に必死に耐えている様子でした。
私はその被虐的な表情を見つめながら、自分の中にある
サディスティックな興奮が高まるのを感じました。

私はユミさんの両脚を更に持ち上げて股間を大きく開き
上に向けて突き出させるような姿勢を取らせました。
そして、恥骨を叩き付けるようにして激しく彼女の奥へと
肉槍を一番奥目がけて突き刺していきました。

「あっ!ああっ!あおおっ!あううっ!」
ユミさんは悲鳴のような言葉にならない声を上げながら
狂ったように顔を左右に振りました。

私はユミさんの泣き叫ぶ様子を見ながら
冷酷な興奮を高めつつ更に激しく彼女の秘所に
自らの肉槍を突き立てて叩き付け続けました。

「ああっ!ご主人様っ!ご主人様っ!」
ユミさんは涙を浮かべながらジッと私を見上げて
必死に訴えかけました。

私は彼女の涙の訴えも聞く耳を持たず
ただ未通女の肉粘膜の感触を楽しみながら
泣き叫ぶ声にサディズム的な愉悦を感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4123-cb69fd52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック