FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにしてから一ヶ月後、
私達は初めて逢って調教することになりました。

ユミさんに初めての緊縛体験をさせてから快楽責めを与え
その後、断髪式をしてから無事に処女喪失を迎えました。
そして、私が彼女の中で果てた後、私達は快い疲労感に包まれ
静かに眠りに落ちました。

翌朝、上半身を縛られたまま首輪をつけて眠っているユミさんが
私に甘えるように絡みついてくる感覚で私は目を覚ましました。

初めて尽くしの体験での緊張と興奮から解放された様子で
ユミさんはスヤスヤと眠っていました。

「ホラ、ユミ、起きろ…」
私はユミさんを振り落とすように撥ねのけると
ベッドの下に転がっている電マを拾い上げました。
そして、眠っているユミさんの股間を押し広げて
振動する電マを押し当てました。

そして、前日に平手打ちを受けて爛れた彼女のお尻を
何度も繰り返し叩いて目を覚まさせ、そのまま電マで責めて
エクスタシーまで追い詰めていきました。

「何だよ。もう逝ったのか?」
私がそう訊ねてもユミさんはハァハァと激しく呼吸をしながら
呆然としていました。

「ホラッ!逝ったのかって訊いてるんだよっ!」
私はそう言いながら彼女の弱ったお尻の皮膚を平手打ちしました。
ピシャッという皮膚の弾ける音と共に
「はううっ!ごめんなさい、ご主人様…。逝ってしまいました…」
というユミさんの苦悶の叫び声が上がりました。

「フン、簡単に逝きやがって…じゃあ、もう1回逝ってみろ」
私はそう言うと、再び電マを絶頂で充血して膨らんだ肉芽に
強く押し当てました。

「あああーっ!ひいいっ!いいっ!気持ちいいっ!あああーっ!」
ユミさんは狂ったように絶叫しながら振動刺激の快楽で
悶絶するように身体をバタつかせました。

「ホラッ、ジッとしていろ!」
私はそう言って仰向けのユミさんに馬乗りになると
私自身の脚で彼女の脚が開いたまま閉じないよう押さえつけました。
そして、更に強く電マを彼女の秘核に押し当てました。

「ひいっ!ダメですっ!また逝きますっ!おおおー!逝くうっ!」
ユミさんはそう雄叫びのような絶叫を上げると再び全身を痙攣させ
一気にエクスタシーへと昇り詰めて果てました。

「フン、だらしねぇな。でも、まだ逝けるだろう…」
私はそう言うとベッドに脱力してハァハァと呼吸している彼女に
再び強烈な振動刺激を与えました。

「あああっ!ご主人様っ!もう無理ですっ!もう許して下さいっ!」
ユミさんは涙声で必死に許しを乞いました。

「フン、昨日も言ったが、やめてと言われてやめたらSじゃないんだよ」
私はそう言い放つとユミさんを更に強く押さえつけて抵抗力を奪い
更に強い電マの振動刺激を与えました。
ユミさんは連続絶頂で興奮と感度が高まっている様子で
再びあっと言う間に興奮の頂点に昇り詰めて逝きました。

「ああああ!ご主人様、また逝きますっ!あおおー!逝くうっ!」
ユミさんは断末魔の叫び声を上げて再びエクスタシーに達しました。

「ホラ、まだ逝けるだろう…」
私は容赦なくユミさんの肉芽を電マで刺激し続けました。

「ああっ!いやあっ!また逝くっ!逝くうーっ!」
ユミさんは快楽の波に抗うことが出来ずにそのまま飲まれていき
与えられる刺激をただひたすらに受け止めながら
エクスタシーに達し続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4129-35103652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック