FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにしてから一ヶ月後、
私達は初めて逢って調教することになりました。

ユミさんに初めての緊縛体験をさせてから快楽責めを与え
その後、断髪式をしてから無事に処女喪失を迎えました。
そして、私が彼女の中で果てた後、私達は快い疲労感に包まれ
静かに眠りに落ちました。

翌朝、上半身を縛られたまま首輪をつけて眠っているユミさんが
私に甘えるように絡みついてくる感覚で私は目を覚ましました。

初めて尽くしの体験での緊張と興奮から解放された様子で
ユミさんはスヤスヤと眠っていました。

「ホラ、ユミ、起きろ…」
私はユミさんを振り落とすように撥ねのけると
ベッドの下に転がっている電マを拾い上げました。
そして、眠っているユミさんの股間を押し広げて
振動する電マを押し当てました。

そして、前日に平手打ちを受けて爛れた彼女のお尻を
何度も繰り返し叩いて目を覚まさせ、そのまま電マで責めて
連続絶頂を与えました。

ユミさんは何度も連続でエクスタシーに達した後、体力の限界を迎え
呆然自失の状態のまま虚ろな表情でハァハァと激しく呼吸していました。

私は頃合いも良しと判断して、自らのペニスにコンドームを被せて
彼女の両足首を掴んで両脚を大きく開きました。
呆然として脱力したままのユミさんは抵抗する気力も失ったまま
私にされるがまま、両脚を大きく開き、無毛の秘所を晒しました。

彼女の秘所は連続エクスタシーで大量の愛液を溢れさせ、
充分に潤った秘肉は男根を十分に受け入れられる準備が
整っている様子でした。

私は無抵抗になったユミさんの秘孔の入り口に肉塊の先端を宛がい
彼女の潤滑油をゆっくりとゴムに絡めながら押し込もうとしました。

「ううっ!い、い、痛い!痛いっ!」
前夜に押し広げたユミさんの膣は再び固く閉ざされており、
異物の侵入を固く拒んで跳ね返しました。

「ホラ、もっと力を抜くんだよ。力を入れると余計に痛いぞ」
私はそう言いながら、再びユミさんの爛れたお尻を叩きました。
「あううっ!も、申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
ユミさんは痛みで意識を取り戻した様子で我に返り、
私に命じられた通り全身をリラックスさせるように力を抜きました。

私はユミさんのその様子を見て、再び彼女の固く閉じられた膣口に
自分自身の突起の先端を宛がい、押し込もうとしました。

「あうっ!ご主人様、痛いですっ!無理ですっ!無理ですっ!」
ユミさんはそう言って再び抵抗して逃れようとしました。

「ホラ、逃げるな!」
私はそう言うとユミさんの髪を掴んで逃げられないように
力いっぱい抑え付けました。
ユミさんは力ずくで抑え込まれた恐怖心で涙を浮かべながら
私をジッと見つめました。

私はユミさんを睨むように冷たく見下ろしながら強い口調で…
「今まで何度も言ってきたが、お前は私の所有物だろう。
 お前の身体は私が使いたいと思った時に使うし、
 それに逆らう権利はお前には無い。勘違いするなよ。
 それでもいいから私に飼われたいと志願したのはお前だろう」
「ううう…はい、ご主人様…」
「私が使いたいと思ったら使う。なのでお前は逆らわずに
 ただ黙って従い受け入れればいい。わかったか!」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
ユミさんはボロボロと涙を流しながら私を見つめて頷き
諦めたように全身の力を抜きました。

私は再び彼女の蜜を吐き出した膣口に肉塊を宛がうと
ゆっくりと彼女の固く閉ざされた膣粘膜を押し広げていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4130-8a9eb67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。