FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにしてから一ヶ月後、
私達は初めて逢って調教することになりました。

ユミさんに初めての緊縛体験をさせてから快楽責めを与え
その後、断髪式をしてから無事に処女喪失を迎えました。
そして、私が彼女の中で果てた後、私達は快い疲労感に包まれ
静かに眠りに落ちました。

翌朝、上半身を縛られたまま首輪をつけて眠っているユミさんが
私に甘えるように絡みついてくる感覚で私は目を覚ましました。

初めて尽くしの体験での緊張と興奮から解放された様子で
ユミさんはスヤスヤと眠っていました。

「ホラ、ユミ、起きろ…」
私はユミさんを振り落とすように撥ねのけると
ベッドの下に転がっている電マを拾い上げました。
そして、眠っているユミさんの股間を押し広げて
振動する電マを押し当てました。

そして、前日に平手打ちを受けて爛れた彼女のお尻を
何度も繰り返し叩いて目を覚まさせ、そのまま電マで責めて
連続絶頂を与えた後、彼女の中に挿入しました。

「ご主人様、オマ○コの奥が気持ちいいです!」

ユミさんは涙で潤んだ目で私をジッと見つめながら
感情を爆発させるように言いました。

「フフン、マ○コの奥が気持ちいいか」
「うううっ!はい、気持ちいいです。オマ○コ気持ちいいです」
ユミさんは感じた快楽を私に向かって吐き出しました。

私は彼女の興奮を更に煽るように、彼女の両脚を更に持ち上げ
更に肉槍が奥へ届くように抽挿を繰り返しました。

「ああっ!そこ、気持ちいいっ!ご主人様、気持ちいいです!
 ああっ!オマ○コ気持ちいいっ!ああっ!気持ちいいっ!」
ユミさんは発狂したように叫びながら自我を崩壊させたように
快楽を貪るような叫び声を上げました。
そして、私の肉竿を奥へ奥へと迎え入れるように腰を突き出し
身体の奥に与えられる快楽を求め続けました。

「ホラ、気持ちいいか…、マ○コ気持ちいいか、ホラッ!」
「ああっ!いいです!気持ちいいです、ご主人様っ!ああっ!
 オマ○コすごく気持ちいいです!オマ○コの奥がいいです!」
ユミさんは与えられる快楽に飲み込まれるように喘ぎ声を上げ
更に雌の蜜を溢れ出させました。

「フフン、最初からマ○コが気持ちいいのか、この淫乱女」
「ああっ!はい、気持ちいいです!オマ○コ気持ちいいです」
ユミさんが歓喜の声を上げるたびに彼女の膣は強く収縮し
私の肉茎を強く締め上げていきました。
その感覚で私の興奮が頂点に近づいていくのが感じられました。

「おおっ!いいぞ、このまま逝くぞっ!」
「ああっ!はい、逝ってください!中で逝ってください!」
私は彼女の言葉を受けると更に肉茎の前後律動を速めました。
そして、そのまま性欲の爆発へ向かっていきました。

「おおっ!逝くぞ!ユミ、このまま逝くぞっ!」
私はそういうと彼女の中で興奮を頂点まで高めていくと
一気に彼女の中で爆発させました。

私はグッタリとして脱力すると、白濁駅を溜め込んだコンドームを
彼女の中から引き抜き、ベッドに仰向けになって横たわりました。
そして2人でハァハァと荒く呼吸をしながら脳然と天井を見つめて
動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4132-3fc017f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック