FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私はマオさんを試す意味で長文のメールを送ってみました。
すると、彼女は相変わらずの単文のメールでしたが、
キチンと要点を捉えている返信が返ってきました。

このメールを読んで、マオさんが冷やかしでも業者でもなく
調教志願の普通の女性だと判断することができました。

次に私は「本人の意思が強くなければ調教に耐えられない」と思い、
また、既にユミさんを飼い、他にも奴隷志願の女性を抱えていて
多頭になることが確実となっていたことから、
彼女に意思を確認すべく厳しい条件のメールを送ってみました。

> マオさんの調教志願は理解できましたが条件があります。
> 私は「多頭飼い容認派」ですので、マオさんが望めば受け入れます。
> ですが、同様に他に志願者が現れたら断りません。
> そういう多頭飼いに耐えられますか?。
>
> また、現在はブログでも連載している通りユミさんを飼っています。
> その他にも隷属志願の女性がいるのでマオさんは三番手になります。
> マオさんを飼うなら先の二人に優先権と既得権を認めていただいて
> 何事も彼女達の下について従ってもらうことになります。
>
> それでもいいでしょうか?

すると、マオさんからは意外な答えが返ってきました。

> 亮さん、こんにちは。お返事ありがとうございます。
> 多頭飼いについて、私は異論はありません。
> 私は以前のご主人様から…
> 「奴隷の分際でご主人様の多頭飼いに文句を言ってはいけない」
> と言い聞かされていたので。
>
> それに、ユミさんは以前から何度かお話をしたことがあります。
> お互いにスパンキング好きのスパンキーのお友達として
> 他のスパンキー仲間の女の子達とLINEでやり取りしていました。
>
> ですので、仲良くやっていけると思います。

私はその返信に少なからず驚きました。
自分の知り合いのパートナーに隷属志願するパターンは
私も私の周囲でもほとんど無かったからです。

どちらかというと、女性としては「敬遠したいこと」のように
私としては感じていたことでした。

そう感じたので、私はマオさんに念押しする意味を兼ねて
再びメールを送ってみました。

> マオさんは他でも私とユミさんを知っているんですね。
>
> もし私に隷属してもらうことになったら、私は序列を作るので
> 今まで友達だった年下のユミさんの下について
> 彼女の指示命令に従ってもらうこともあり得ます。
> それでも構いませんか?。

すると、マオさんからは淡々とした返信が返ってきました。

> はい。二人ともよく知っています。私は○○です。
>
> ユミさんの下になることも、三番手になることも構いません。
> 私の方が後から無理を言って入れてもらうので理解しています。
> 私も後から入ってきた人いても自分を大切にして欲しいですし
> ユミさんもそれは同じだと思いますので理解できます。

マオさんの返信はそういうしっかりとした意図が伝わるものでした。

私はこの返信を読んでマオさんに対する印象が変わりました。
彼女は悪い条件であっても私に隷属して調教を受けたいと考えて
私の考えを理解し、私と他の従者達との関係も認めようとしている。

私はこの時の彼女からの淡々とした短い返信のメールの中から
初めて調教願望の真剣さを感じ取ったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4140-642ced8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック