FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私はマオさんとのメールのやり取りを続けていきながら
彼女が真面目な調教志願者であることを認識することが出来ました。

そこで、私は当時飼っていたユミさんに当初からの約束通り
すべての経過を包み隠さず説明した上で、マオさんを飼うことの
許可を求めました。

ユミさんは元々知っていたマオさんからの隷属志願に驚き
漠然とした不安感を感じた様子でした。

私はユミさんに対して、マオさんと約束したことや
守らせるルールを縷々説明した上で、ユミさんの不安を
極力払拭するように努めました。

> 少し考えさせて下さい。

ユミさんがそうメールしてきてから数日が経ち
私もマオさんも半ば諦めていた頃に、ユミさんからの
返信メールが送られてきました。

> ご主人様、お返事が遅くなって申し訳ございません。
> 色々考えて「マオさんを受け入れても大丈夫」と思えたので
> ご主人様にお返事させていただきます。
> 私もマオさんを温かく迎えてあげたいと思います。
>
> マオさんを受け入れようと思った理由は2つあります。
>
> まず1つ目はご主人様が不安を取り除いてくれたからです。
> ご主人様に言いたいことや不安に感じたことも全部言えたし
> ご主人様は面倒な私にもちゃんと向き合って答えてくれました。
> 今後、不安になってもご主人様は今回と同じように
> ちゃんと私と向き合って不安を取り除いてくれるだろうと
> 信頼できたからです。
>
> 2つ目は、私もご主人様に飼って頂けてとても幸せなように、
> 彼女もきっと今は満たされなくて悩んだり苦しんだりしていて、
> ご主人様に飼って頂けることで救われると思ったからです。
>
> ご主人様が私に優先順位1位を与えて下さるのならば、
> それに見合うだけの、お手本になるような女性になります。
> ですので、これからもご指導をお願いします。
>
> 私の中では最初から答えは決まっていました。
> でも、なかなか気持ちの整理がつかなくてお返事が遅くなり
> マオさんを待たせてしまって申し訳なく思っています。

ユミさんからのメールにはそう書かれていました。

これは私が考えていた模範解答そのものでした。

私への信頼感と他者へのいたわりが感じられる
模範的な回答でした。
私がこれまでユミさんに教え諭し言い聞かせてきたことが
このメールにすべて集約されていました。

このユミさんからのメールを読んで、
私自身もユミさんに対するこれまでの調教や叱咤激励が
間違っていなかった上に正しく伝わっていたと感じられて
嬉しく思えました。

ユミさんからのメールの結果をすぐにマオさんに伝えると

> ありがとうございます。嬉しいです。
> ユミさんにも「ありがとうございます」とお伝え下さい。

という、念願叶った嬉しそうな返信が返ってきました。

私はユミさんから許可を得られたことで、マオさんに
次のステップへ移行するよう導くことにしました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4142-96cd328e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック