FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


マオさんから隷属と調教を志願するメールのやり取りを始めて

「マオさんのメールは素っ気なくて淡白」

と、私はいつも感じていました。

その理由が、前のご主人様から言われていた…

「奴隷がご主人様に疑問を持ってはいけない」
「奴隷はご主人様の命令にだけ従っていればいい」

ということに起因していることを初めて知りました。

私はマオさんにコミュニケーションの大切さを説明した上で
何でも包み隠さず遠慮せず話すように促しました。

マオさんは私の「聞く姿勢」に安心した様子で
少しずつですが圧し殺してきた心の内を私に見せるように
なっていきました。

> では、亮さんにうかがってみたいことがあります。

「何でも遠慮無く言いなさい」と言われても安心したのか、
マオさんから早速質問のメールが送られてきました。

> 今日のブログを読みました。
> 亮さんが嘘をついたユミさんを許したことに驚きました。
> 私もユミさんを以前から知っていますし経緯も聞いていました。
>
> でも、なぜそのスパンカーさんと逢うことを禁止したのか、
> そして、禁止した相手に逢いに行ったユミさんをなぜ許したのか、
> 私には理解できませんでした。
>
> ユミさんは先輩だし、私は彼女よりも下の地位なので、
> こんなことを言うのは許されないのはわかっています。
> ご主人様である亮さんの決定に疑問を持ってはいけないことも
> 重々承知の上でうかがってみたいのです。

ちょうどその頃、ブログではユミさんの「面従腹背」
連載していました。

マオさんは、私が多頭飼いでの秩序を守るために課した
「優先順位」を過度に意識していました。

「自分が出過ぎたことをしてはいけない」
「自分が常にユミさんの下でいなければならない」
「自分が我慢することで多頭飼いの環境をよくしなければならない」
マオさんは過度にそう考えていたようでした。

その考えと、以前のご主人様から躾けられた…
「奴隷はご主人様の言動に疑問や不満を持ってはいけない」
と言うことも重なって、自分の中で抑え込んでいたようでした。

私はそう感じてマオさんに返信を送りました。

> 今回は初めてのマオさんの本音が聞けたような気がします。
> こういう風に疑問に思ったことや理解できないことは
> 何でも遠慮無く訊いて下さい
>
> 私がユミにその男と逢うことを禁じたのは信頼に足る言動が
> 無かったからです。
> 彼女を許した理由は、私にも説明不足や意思疎通の不足などの
> 私の非が多分にあったからです。
>
> 私も完璧な人間ではありません。
> 奴隷さんから意見を聞いて、正しいと思えば受け入れますし
> 間違っていると思えば言い聞かせて納得させて従わせます。
>
> 報告や意見を吸い上げて決断と命令を下すのが私の役割です。
> ですので、何でも私には遠慮せず言って下さいね。

私のその返信を読んで、マオさんからは安堵したような返信が
送られてきました。

> 今回は出過ぎたことを言ってしまい叱られるのではないかと
> 内心ビクビクしていました。
> 亮さんのお返事を読んで私も納得することができました。
>
> 私も亮さんに本格的に隷属させていただくことになったら
> 隠し事無く、何でもさらけ出してお話したいと思っています。

私はマオさんからのそのメールを読んで、
過度に序列を言い過ぎてしまったと反省し、
配慮が足りなかったと素直に反省したのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4146-32464cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック