FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

マオさんから隷属と調教を志願するメールのやり取りを始めて

「マオさんのメールは素っ気なくて淡白」

と、私はいつも感じていました。

その理由が、前のご主人様から言われていた…

「奴隷がご主人様に疑問を持ってはいけない」
「奴隷はご主人様の命令にだけ従っていればいい」

ということと、
私が多頭飼いでの秩序を守るためにマオさんに課した
「優先順位」を過度に意識していたためでした。

私はその意識を払拭してコミュニケーションを取れるように
「何でも遠慮無く言いなさい」とマオさんに教え諭しました。
すると、少しずつですが、マオさんの本音が出てきました。

> ユミさんに関しては遠慮してる部分もありました。
> これまでのご主人様との経緯の中で、甘えすぎてはいけないとか
> 依存してはいけないとか教えられてきました。
> こう見えても私なりにちゃんと考えているんですよ(^^;
> それが亮さんから見たら、私は冷めているように見えたのですね。

マオさんは彼女なりに「自分がどうあるべきか」を考えながら
自分を抑制して振る舞っている様子でした。

> 私が順位付けをしてしまったので遠慮をしてしまったのでしょう。
> 特にユミを知っているだけに気を遣ってしまったのでしょう。
> 今後はユミのことは気にせず、私とマオさんの関係を考えて下さい。
>
> いろいろなご主人様のいろいろなルールがありますからね。
> 甘えると引いてしまう人や面倒と思ってしまう人もいると思います。
> 私はこういうやり取りを面倒だとは思いませんので、
> 何でも遠慮無く言っていただいて構いませんよ。

私がマオさんにそう返信すると、
彼女は更に本心とも言える返信を送ってきました。

> 私の本音としては一日も早く亮さんの奴隷になりたいんですが、
> まだ会ってないですし、どう振る舞って言いか分からない
> という感じです(笑)
> 亮さんのことをご主人様と呼んだり、奴隷として振る舞いたい
> 気持ちは山々なんです(笑)
> でも、会う前からそうしてしまうことは出過ぎた行為に
> なってしまうのではないかなーと思って、押さえています。
>
> あとは、亮さんのメールの文面が丁寧で悪く言えば堅苦しいので
> 私もちゃんとしなきゃと思ってました

私はそのマオさんの本音にたいして自分の考えを正しく伝えようと
返信を送りました。

> 確かに関係性もちょっと中途半端ですね。
> それもキチンと主従関係が出来ていれば解消されると考えています。
>
> 文章も堅苦しいですよね(笑)。
> ですが、何となくこういう口調に慣れてしまったので。
> これも主従関係が確立したら「ご主人様」然とした文体に変わります。
>
> 本音は遠慮なく出して下さいね。
> 本音がわからないと対処を間違えてしまいますので(笑)。

すると、マオさんから安心したような返信が返ってきました。

> 亮さん、ありがとうございます。
> これからは遠慮せず隠し事もせず全部ご報告します。

その返信を読んで、私も少し彼女との距離が近付いたように
感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
「奴隷がご主人様に疑問を持ってはいけない」
「奴隷はご主人様の命令にだけ従っていればいい」
私もこれ、同じように思ってしまう癖があります。

ただ、依存に関しては
今まで主従関係になった方は、例外なく全員
依存しなさいって、おっしゃっていました。


2017/04/14(金) 18:58 | URL | ぴもちゃん #-[ 編集]
ぴもちゃんへ
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。

どうしてもM女性は我慢してしまいがちですからね。
せっかく気持を解放しようとSMをするのに
かえって抑圧を強めてしまうことになってしまうと思います。
ですので、私は何事も包み隠さず言うように諭しますし
私も隠し事無く本当のことを言うようにしています。

依存するとM女性は安心できるのでしょうね。
なので、私も依存は可能な限り受け止めるようにしています。
それが出来るのが主従関係だと考えているので。

では、またお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
2017/04/15(土) 09:04 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4147-0df16345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。