FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

マオさんとのメールのやりとりの積み重ねを経て
マオさんの隷属して調教を受けたいという強い意志を感じて
私はマオさんを奴隷として飼うことにしました。

彼女にその旨を伝えると嬉しさと安堵感が伝わるような
返信が送られてきました。

そして、私は彼女に初めての命令をメールで与えました。

> 最初にマオには奴隷としてやってもらうことがある。
>
> これまで仕えてきた音信不通になっていない元ご主人様に…
> 「新しくご主人様が出来て、育てていただくことになりました」
> とだけ、今日のうちに連絡しておきなさい。
>
> その上で、その男たちからの返信を私に報告しなさい。

マオさんからはすぐに返信のメールが送られてきました。

> かしこまりました。ご主人様。
> 今までのご主人様で今でも連絡があるのは2人です。
> その方には今日のうちにご連絡をしておきます。

そして、彼女からその日の夜にメールで報告がありました。

> ご主人様、先ほど元ご主人様から連絡がありました。
>
> 一人の方は大人の既婚者の男性なのですが、
> 「そうか。よかったな」と書かれていました。
>
> もう一人は長く付き合った元彼兼ご主人様なのですが…
> 「今日みたいな連絡またしてきたら、昔撮った写真学校に送るぞ」
> と言われました。

私はその返信を見て何とも苦笑いしてしまいました。
その上で、彼女に返信を返しました。

> では、その大人の方には「ありがとうございます」と返信しろ。
> その元彼の方は、いざというとき恐喝で訴えられるように
> スクショを保存しておけ。
> 元彼だから身元も知っているだろう

すると彼女からすぐに返信が返ってきました。

> 元彼は幼馴染みで職場もご両親もよく知っている人です。
> まさかリベポル野郎だったとは思いませんでした。
>
> 時々食事に誘われたりして、また今月も誘われていました。
> 今でもいい関係だと思っていたのでガッカリしてしまいました。
> 元彼はブロックしてもう関係をキッパリと絶とうと思います。

マオさんは別れてからもいい関係を保ち続けている元彼の
犯罪者的な発言に少なからずショックを受けているようでした。

私はマオさんを慰め励ます気持ちで返信を送りました。

> 人間というのは引き際や不意の対処方法で人間性が見えてくる。
> 今回はその元彼の人間性がよく見えただろう。
> お前はそんな男にノコノコと逢いに行こうとしていたわけだ。
> 反省して今後はもっと見る目を養いなさい。

するとマオさんからは自己嫌悪的な返信が送られてきました。

> 今回の件で本当に私は男を見る目がないと感じました。
> いい人だったのに、嫉妬なのかこんなこと言われるとは
> 思いませんでした…
> 変な人に隷属すると危ないってよく分かったので、
> 私はもうご主人様の奴隷でいます!

私はその返信を読んで、マオさんには辛い経験でしたが、
それも彼女のためになったのではないか…と感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4149-89887d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック