FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

マオさんを奴隷として飼うことを受け入れた私は
彼女の厳しい学校の予定を勘案した上で逢う日程を決め
調教の予定を立てました。

彼女を調教する上で、調教当日に彼女の性欲が高まるように
調教の3日前からマオさんにオナニー禁止を命じました。

そして、メールでマオさんがSM的なスパンキングや
快楽責めも経験したことがあることを確認した上で
初めての対面と初めての調教の当日を迎えました。

そして、マオさんと初めての対面をした日に食事に行き
彼女の考えや願望などを聞くことになりました。

最初のうちは緊張もあって、学校のことや家族のことなど
一般的な世間話に終始していましたが、お酒が入るに連れ
次第に饒舌になり、SM的な願望や考え方や、過去の経験等
深く突っ込んだ話になっていきました。

そして、最後に「多頭飼い」の話になりました。

私はマオさんに念押しするように確認をしました。
「私は多頭飼いでユミを飼っていますが大丈夫ですか」

マオさん少し複雑な表情で…
「私は今までのご主人様でも多頭飼いを経験してきました。
 その中で、ご主人様が他にどんな女性を飼っているのか
 詮索してはいけないと教え込まれてきました。
 でも、それは私にとって不安でしかありませんでした。
 そういう隠し事をされての多頭飼いは本当に辛かったです。
 ご主人様は何でも教えてくれるので安心感があります」
と言って、私を飼い主に選んだことを説明してくれました。

私は改めて
「多頭の場合、隠すことが女性にとってどれだけ不安を煽るか」
ということを認識させられました。

そして、私は彼女にも…
「他に調教志願の女性が現れたら包み隠さず伝えます。
 ですので、今回ユミがマオさんを受け入れてくれたように
 マオさんも次の志願者が現れたら受け入れて下さい」
と伝えました。

するとマオさんは…
「はい。わかりました。今回はユミさんにも感謝しています。
 私もユミさんを見習って次の女性が現れたら暖かく迎えて
 その女性にも私と同じように幸せになって欲しいと思います」
と言ってくれました。

「そう。理解してくれて嬉しいですよ。ありがとう」
私がそう言うと、マオさんは恥ずかしそうにしながら…
「元々、ご主人様がユミさんを飼っているところに
 私が割り込んでいくので、ユミさんが優先されるのは当然です。
 私だって後から入ってきた女性の方が可愛がられていたら
 寂しいし、不安にもなるし、不信感も湧いてしまいます。
 ですから、ご主人様が決めた序列があるならキチンと守って
 ご主人様を困らせないようにしたいと思います。
 それには私が何事もユミさんを先輩として立てて譲って
 二番手の立場を守ることが大切なんだろうなと思っています」
と言ってくれました。

「そうか。理解してもらえて嬉しいよ」
「はい。理解しているつもりです。
 ご主人様は最初にちゃんとユミさんの存在を教えてくれたので
 私も精一杯ユミさんと仲良くしたいと思います。
 私がユミさんを先輩として立てて何事もユミさんを優先すれば
 きっと彼女も不安を感じないだろうし上手くいくと思います。
 私がそうすることで奴隷同士が仲良くしていければ
 ご主人様を困らせることはないと思います」

私はマオさんのその言葉を聞いて…
「彼女がそういう心持ちでいてくれるなら上手くいくだろう」
と感じたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4163-91c66f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック