FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪を嵌めました。

次に、首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
彼女が望むスパンキングをするために、
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させました。
そして、力一杯、平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは何度もお尻を叩かれると白い皮膚が真っ赤に染まって
熱を帯びて腫れ上がっていくのが感じられました。
そして何度も許しを乞うように哀訴し続けましたが、
私は躊躇せず繰り返し臀部を叩き続けました。

彼女は私に促されると泣きながら…
「ご主人様、嬉しいです!」
という絶叫を上げ続けました。

「ひいいっ!嬉しいですっ!ご主人様っ!嬉しいですっ!」
マオさんは泣きながら絶叫し続け、苦痛と恐怖に耐えていました。

「フン、嬉しいか、じゃあもっと喜べよっ!」
私はそう言いながら何度も平手を彼女の臀部に振り下ろしました。
「ぎゃあっ!ひいいっ!あうっ!あぐうっ!」
マオさんは声の限りに悲鳴を上げながら、打たれるたびに
全身を硬直させ痙攣するように震え始めました。
私はその姿を見ても容赦することなく平手打ちを浴びせ続け
更に激しい苦痛を与えました。

「あううっ!あうっ!おううっ!ひいいっ!」
マオさんはとうとう言葉にならない雄叫びのような呻き声を上げ
ケダモノのような絶叫を上げ続けました。
そしてハァハァと激しく呼吸しながらベッドに崩れ落ちました。

彼女はいからせた肩を激しく上下に動かしながら
ゼエゼエと呼吸音を上げて白目を剥いてビクッビクッと
激しく痙攣したように震えていました。

私はその異常な様子を冷静に見つめながら…
(過呼吸だな)
と判断して平手打ちをやめました。

そして、ホテルに入る前に買い物した時のビニール袋を
彼女の口に当てて過呼吸を落ち着かせることにしました。
彼女は袋の中に吐き出した自分の二酸化炭素を吸い込むと
次第に落ち着きを取り戻して安定呼吸に戻りました。

そして、意識を取り戻したマオさんは泣きながら…
「ごめんなさい…」
と力なく私に言ったのでした。

「フン、だらしねぇな。スパンキングは経験あるので平気と
 自信満々で言ってたくせに…」
私がうつ伏せに脱力して横たわる彼女の後頭部を軽く小突いて
そう言い放つと…
「ううう…ご主人様…申し訳ございません…」
と呼吸を整えながらそう答えました。

私は彼女の限界を見極めながら、ゆっくりと綿紐を解き、
彼女の縛めを解放していきました。

縛めを解いた彼女の身体の両脚を押し広げて秘部に触れると
肉襞にベットリと女性特有の粘液が溢れ出ていました。
苦痛と恐怖で過呼吸に陥りながらも、彼女はマゾヒスティックな興奮で
秘所を濡らしていたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4203-fbaed528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック